Home > 社説 > 全国紙 > 朝日新聞 > 【朝日新聞】 相次ぐ台風 経験超える想定が必要
E015-ASAHI

【朝日新聞】 相次ぐ台風 経験超える想定が必要

0点20点40点60点80点100点   (1 投票, 平均点: 0.0点)
Loading...

 台風10号が日本列島に接近している。上陸すれば1カ月で4個目で過去最多タイとなる。
 今回の台風は南の海上からUターンするという、異例の進路をたどった。東北地方の太平洋側に上陸すれば1951年の統計開始以来初となる。東日本大震災で海岸線がダメージを受けた所も多く、警戒が必要だ。
 沿岸での高潮や暴風、河川の氾濫(はんらん)には十分に気をつけたい。自治体や交通機関は、必要な情報を迅速に提供してほしい。
 廃炉作業が進む福島第一原発への影響も心配だ。2013年には汚染水タンクを囲む堰(せき)から台風などによる雨水があふれ、対応が後手に回った。見回りを強化するなど、東京電力は緊張感をもって臨んでほしい。
 9号上陸の際は、東日本の広い範囲で避難勧告が出された。首都圏でも地盤がゆるみ、土砂災害の危険や河川が増水しやすい所がある。勧告が出ていなくても早めの避難を心がけたい。
 今年の夏の天気は異例続きだった。大阪では8月の猛暑日が計23日と、1883年の統計開始以来の最多記録となった。台風は1号が7月3日に発生、統計開始の51年以降で2番目に遅かったが、8月に入ってたて続けに7個が発生。北海道には初めて三つも上陸した。
 昨年は関東・東北豪雨で鬼怒川(茨城県)が決壊し、8千戸以上が被災。14年には広島の土砂災害で75人が亡くなった。
 相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係も指摘される。海水温の上昇が、より強い集中豪雨や台風をもたらすとの予測もある。経験値では推しはかれない現象が、常に起こり得る時代だと考える必要がある。
 防災の観点から気をつけたいのは、自分がなじみのない場所では、災害に巻きこまれるリスクが高いということだ。
 台風の「当たり年」だった04年には、10個目に上陸した台風23号の豪雨で、京都府舞鶴市で由良川が氾濫して観光バスが水没、乗客がバスの屋根で一夜を明かしたことがある。一方で、いち早く自宅に避難して無事だった地元住民もかなりいた。
 不要な外出を控え、出先では無理をしないことが大切だ。
 9月1日は「防災の日」だ。最近は台風の襲来後に巨大地震が発生するといった複合災害を想定した訓練をする自治体もある。孤立集落への対応、電気・ガスなどライフラインの代替手段確保など、準備しておけば起きた時に対応しやすくなる。
 一人ひとりが自分の身は自分で守ることを心がけて、被害を最小限に食い止めたい。

One comment

  1. 地球温暖化が海水温を上昇させる?そんなエネルギーがどんなメカニズムで大気中から海水に伝達するんですか?
    いいかげんなことを書くのはやめてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。