Home > 社説 > 外国紙 > 人民日報(中国) > 【人民日報】 エネルギーのモデルチェンジ、中国が世界のトップ集団入り
E345-JPEOPLE

【人民日報】 エネルギーのモデルチェンジ、中国が世界のトップ集団入り

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

ドイツメディアは連日、中国の両会(全国人民代表大会・全国政治協商会議)に注目しており、李克強総理がその開幕式で行った政府活動報告、特に「青空を守り、勝ち取るために力を尽くす」と強調し、全国民に「青空の日は一年ごとに多くなっていく」と約束したことを高く評価した。ドイツメディアは、李総理の発言は自信にあふれ、勇気づけられると評価した。科技日報が伝えた。
独誌はデータを引用し、中国がエネルギーモデルチェンジですでに世界のトップ集団入りを果たしているとした。ドイツの目立たぬ変化と比べ、中国はより力強い措置を講じ、クリーンエネルギーへの転換を図っている。中国は3年連続で石炭消費量を減少させており、2016年は前年比で4.7%減となった。その減少させた消費量は、英国の通年の石炭消費量に相当する。国際エネルギー機関は2年前まで、中国の石炭消費量は2030年まで増加を続けると予想していた。
ドイツメディアは、現在も中国は世界最大の石炭消費大国だが、既に水力・風力・太陽光・原子力・天然ガスなどのクリーンエネルギーの使用を拡大していると伝えた。中国の一次エネルギー消費量に占める石炭の割合は、64%から62%に低下した。政府はすでに100カ所以上の石炭火力発電所の建設計画を停止しており、これは実に厳しい措置だと評価している。
石炭消費量の減少に伴い、中国のCO2排出量も年々減少している。この4年間で排出量の増加にストップがかかり、政府は今年、前年比で1%減少すると予想している。
また、中国の風力発電所、太陽光発電所の建設もかなりのスピードで進められている。中国の昨年末までの太陽光発電新規設備容量は3454万kW、累積設備容量は7742万kWで、いずれも世界一となった。ドイツメディアは、中国のエネルギーモデルチェンジは、真のエネルギー革命をもたらすと報じた。(編集YF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。