Home > 社説 > 地方紙 > 北陸地方 > 富山新聞(富山県) > 【富山新聞】 籠池氏証人喚問 証言裏付ける証拠ほしい
E160-TOYAMA

【富山新聞】 籠池氏証人喚問 証言裏付ける証拠ほしい

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 学校法人森友学園理事長の国会招致に与党が応じたのは、籠池泰典理事長が安倍晋三首相から100万円の寄付を受けていたと主張していることに対し、疑念を晴らさねば首相の名誉に関わり、放置できないと考えたからだろう。
 民進党が求めていた参考人招致ではなく、自民党はあえて証言の拒否や偽証などを行うと刑罰が科せられる証人喚問を提案した。これまで自民党は「取引に違法性がなく、民間人に対しては特に慎重であるべきだ」という理由で国会招致を拒否してきた。首相に関わる新たな疑念が浮上したことで、やむなく国会で白黒つける方針に転じたのは理解できる。
 安倍首相は衆院外務委員会で本人による寄付を「あり得ない話」と否定したのに続き、昭恵夫人についても「寄付は行っていない」と言明し、全面的に否定した。
 衆参両院の予算委員会で23日行われる証人喚問は、国会の場で籠池氏本人から事実関係を確認する初めての機会になる。安倍首相側からの寄付が事実かどうかが最大の焦点となろう。同時に大阪府豊中市の小学校用地を巡り、格安で国有地払い下げを受けた経緯や政治家の関与の有無について詳細な説明を聞きたい。
 籠池氏は参院予算委の視察団などに、2015年9月に講演で訪れた昭恵夫人から「安倍首相からです」と言われ、小学校開校への寄付金として100万円を受け取ったと主張した。
 だが、寄付を受けたのが事実なら、領収書も渡さず、寄付者名簿に名前の記載がないのはなぜなのか。誰が立ち会い、どんな状況で受け取ったのか。籠池氏は証言だけでなく、寄付を裏付ける証拠を提示してほしい。信頼するに足る証拠がなければ白黒つけたことにならず、疑念を残すことになりかねない。
 一時は「安倍晋三記念小学校」と銘打って寄付集めをし、経営する幼稚園の運動会で「安倍首相頑張れ」と宣誓させるほど、思い入れが強かったはずの首相を一転して窮地に追いやる籠池氏の言動は不可解だ。証人喚問で、どこまで説得力のある証言が聞けるのか、はなはだ疑問でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。