Home > 社説 > 外国紙 > 朝鮮日報(韓国) > 【朝鮮日報】 国民に不人気な韓国大統領選挙の候補者たち
E335-CHOSUN

【朝鮮日報】 国民に不人気な韓国大統領選挙の候補者たち

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

 17日に公表された韓国ギャラップの世論調査によると、共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)前代表の支持率が33%と有力候補者の中では最も高かった。続いて安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が18%、安哲秀(アン・チョルス)議員が10%、李在明(イ・ジェミョン)城南市長が8%と続いた。一方で各候補者に対する好感度を尋ねたところ、文氏は「肯定的」が47%、「否定的」が50%と「否定的」の方が高かった。「肯定的」が「否定的」を上回っていたのは安知事だけで、安議員も李市長も「否定的」が「肯定的」をはるかに上回っていた。それ以外の候補者も全員が「肯定的」よりも「否定的」の方が高かった。
 文氏は現状がこのまま続けば今後も党内での予備選挙はもちろん、本選挙でも余裕で当選する可能性が高い。世論調査の専門家の中には「文氏は大統領になるよりもならないことの方が難しい」とする見方もある。ただし好感度に関して言えば、文氏は他の候補者と同じく彼を好きな国民よりも嫌う国民の方が多く、これは他の調査会社による調査でも同じような結果が出ている。つまり文氏への積極的な支持者が多いのは確かだが、その一方で支持しない有権者も非常に多いということだ。もし国民の半数が文氏を嫌っているのが事実であれば、文氏が大統領になったとしてもおそらくその政権運営は決して順調にばかりはいかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。