Home > 社説 > 外国紙 > 中央日報(韓国) > 【中央日報】 両国の立場の違いが現れた米中外相会談
E340-CHUO

【中央日報】 両国の立場の違いが現れた米中外相会談

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

  ティラーソン米国務長官の訪中の結果、北朝鮮の核に対するすっきりとした解答はなかった。ティラーソン長官は15~19日に日本と韓国、中国を相次いで訪問した後、きのう米国に戻った。彼は一昨日北京で王毅中国外相と会った。両外相は北朝鮮の核・ミサイルで韓半島(朝鮮半島)が危険な水準ということに共感したが、根本的な立場の違いを表わした。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国の過度な韓国叩きに対しても同様だった。中国のTHAAD圧迫解消を望む韓国国民の期待とは異なりティラーソン長官はTHAAD関連議論の結果を一切公開しなかった。彼が17日にソウルで「THAADに対する中国の報復措置は不適切で遺憾だ」と言及したのと対照的だ。中国のTHAAD圧迫が拡大する状況で韓国の心配はさらに深まることになった。
  ティラーソン長官の今回の歴訪は北東アジアのさまざまな問題に対し相手方の立場を打診するための訪問だった。日本に対しては共助体制、韓国とは北朝鮮の核とTHAAD配備、中国とは来月の米中首脳会談と南シナ海問題、貿易不均衡、北朝鮮の核などが主要問題だった。北東アジアでの米国の利害は多様だが韓国の関心はやはり北朝鮮の核と中国のTHAAD圧迫解消だ。ところがティラーソン長官はこうした韓国の懸念をぬぐうことはできなかった。何よりもソウルと北京での発言が異なった。彼はソウルで北朝鮮の核に対し「(オバマ政権時代の)戦略的忍耐は終わった。外交・安保・経済的すべてのオプションを検討する」と明確にした。だが北京では王外相に「(北朝鮮が)核兵器を断念させる包括的措置が必要だ」として原則的な言葉だけした。
  中国は冷淡だった。中国は米国との会談直前に北朝鮮産石炭を積んだ船舶10隻の中国入港を許可した。中国が北朝鮮産石炭輸入を禁止してわずか22日ぶりだった。王外相はさらに踏み込んだ。彼はティラーソン長官と会った席で「北朝鮮の核問題の本質は米朝間の問題」と述べた。これはどういうことなのか。王外相の話は北朝鮮の核をひとまず認め米朝間の軍縮会談または平和交渉を通じて解決しろという意味だ。韓国に最も不利な解決策だ。そして中国はこれまで北朝鮮の核開発を傍観していた責任から抜け出るということだ。ここに北朝鮮も手助けした。北朝鮮はきのう大陸間弾道ミサイル(ICBM)の新型高出力エンジンの噴射実験を実施したと発表した。北朝鮮は米国を狙うICBMのエンジン実験を米朝間の対話カードとして提示したのだ。
  このように急激に変わる北東アジア安保の渦の中で韓国は疎外される局面だ。韓国を威嚇する北朝鮮の核・ミサイルをめぐる米中の微温的な態度で、北朝鮮は米国との対話だけ要求しているのだ。ここに韓国は大統領不在の大統領選挙政局で自身の利害を反映する主体まで見られなくなっている。大統領候補討論では安保問題が失踪した。いまからでも政府だけでなく大統領候補も韓半島の安保状況を深く認識し北朝鮮の核解決に関心を持たなければならないだろう。そして来月の米中首脳会談では韓国の立場が必ず反映されなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。