Home > 社説 > 外国紙 > 人民日報(中国) > 【人民日報】 協力が中米の最大公約数
E345-JPEOPLE

【人民日報】 協力が中米の最大公約数

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

中国の習近平国家主席は19日、米国のティラーソン国務長官と北京で会談した。習主席は「現在、中米関係の発展は重要なチャンスを迎えている。中米両国は良き協力パートナーとなることが完全にできる。双方がこの最大公約数を堅持しさえすれば、中米関係は正しい方向へと発展する」と指摘した。この姿勢表明は、中米関係の積極的な方向への平穏な移行と発展を推進する助けとなる。(文:阮宗沢・本紙特約論説員、中国国際問題研究院常務副院長、研究員。人民日報海外版掲載)
ティラーソン国務長官の今回の訪中には地ならしの側面もある。双方は両国首脳の電話会談の精神に照らし、次の段階の首脳その他のレベルの交流を入念に準備し、重要なハイレベル交流の順調、成功、実りある成果を確保する。
昨年11月にトランプ氏が米大統領に当選して以来、中米は一貫して緊密な意思疎通を保ち、ハイレベルの相互交流を絶やさず、中米関係について重要な共通認識にいたった。これは次の段階の中米関係の発展にとって計り知れない意義を持つ。2月10日、習主席はトランプ米大統領との電話会談で「中米両国は相互に補完し合い、促進し合うことが完全にでき、良き協力パートナーとなることが完全にできる。良き中米関係は、両国民の根本的利益に合致し、中米両国の世界に対するしかるべき責任でもある」と指摘した。トランプ大統領は「米国民は米中関係の発展を幅広く支持している。米中は協力パートナーとして共に努力することで、両国関係を歴史的な新たな高みへと押し上げることができると信じている」と表明した。
ティラーソン長官は訪中時に「米側は非衝突・非対立、相互尊重、協力・ウィンウィンの精神に基づき対中関係を発展させ、相互理解を強化し続け、米中の調整・協力を強化し、国際社会の直面する試練に共同対応することを望んでいる」と繰り返し表明した。これは中国側の提唱する新型の大国関係と完全に一致する。双方ともに「協力パートナー」として中米関係を定義し、両国関係の一層の発展を期待していることが分かる。
今日、中米関係は新たな出発点に立った。国交樹立以来40年近い中米関係発展の軌跡を振り返ると、両国関係の正常化と中国の改革開放が肩を並べて進んできたことに気づく。隔絶から交流へ、疎遠から緊密へ。中米関係は風雨が伴い、曲折を経たものの、全体的には上昇発展の勢いを呈してきた。これは両国関係の本質が互恵であることを物語っている。習主席は「互いの核心的利益と重大な懸念を尊重し、中米関係の大局の安定を維持する必要がある」と強調した。中米「上海コミュニケ」発表から今年でちょうど45年であり、故きを温ねて新しきを知ることができる。
中米関係の一層の発展には、「損をした」心理の克服も必要だ。たとえば米国には、中米交流において中国が大きな利益と発展を得る一方で、米国は立て続けに挫折し、「損をした」との考えがある。実際にはそうではなく、この関係に誰が損をしたかという問題は存在しない。中米は米同時多発テロ後はテロに共に反対し、2008年の世界金融危機後は世界経済を共に救った。これらは双方の協力精神の体現であり、中米関係の持続的前進の原動力でもある。
「中国の夢」の実現には安定的に発展する中米関係が必要だ。米国を「再び偉大にする」のにも安定的に発展する米中関係が必要だ。両者の利益は広範に合致する。その核心が協力・ウィンウィンであり、これが中米関係の新たな戦略的基礎であり原動力だ。ゼロサムの古い考えから脱却して、協力に焦点を合わせれば、中米は両国及び世界にプラスとなる大きな事を多く行うことができる。(編集NA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。