Home > 社説 > 全国紙 > 読売新聞 > 【読売新聞】 石原氏証人喚問 無責任体制があぶり出された
E010-YOMIURI

【読売新聞】 石原氏証人喚問 無責任体制があぶり出された

0点20点40点60点80点100点   (1 投票, 平均点: 0.0点)
Loading...

 政策の決定過程が、あまりに不透明である。責任の所在が不明確な都政運営の問題点が、浮かび上がった。
 築地市場の豊洲への移転問題で、東京都議会の百条委員会が、石原慎太郎元知事の証人喚問を行った。
 石原氏は、「ピラミッドの頂点にいて、(移転を)決裁した責任は認める」と述べた。
 一方で、豊洲移転は既定路線だったことを強調し、「都庁全体の大きな流れの中で決定した」と説明した。用地買収交渉や土壌汚染対策などは、「自分が立ち入る問題ではなく、担当者に一任するしかなかった」とも釈明した。
 百条委では、複数の元都幹部が移転問題について、石原氏に節目ごとに報告していたと証言した。石原氏は「記憶にない」などと繰り返した。組織のトップの姿勢として、疑問を禁じ得ない。
 当初の交渉を一任された元副知事の浜渦武生氏も、19日の証人喚問で、東京ガスとの土壌汚染対策などの確認書の内容について、「全く知らない」と否定した。
 一体、誰が豊洲移転問題の実質的な責任を負っていたのか。
 百条委で分かったのは、担当幹部らが土壌汚染のリスクを把握しつつも、豊洲への「移転ありき」で突き進んだ実情だ。元市場長の岡田至氏は「交渉をまとめることが第一だった」と証言した。
 東京ガスに土壌汚染対策の追加負担をさせる瑕疵(かし)担保責任を免除した経緯など、「水面下」の交渉の実態は不透明なままだ。来月に行われる交渉役の元都幹部らの証人喚問で解明してほしい。
 豊洲市場の地下水の再調査では、環境基準の最大100倍のベンゼンが検出された。数値が急上昇した前回の調査結果を裏付けた。地下水位の管理システムが本格稼働した影響とみられる。
 豊洲市場では、地下水を飲料などに利用せず、敷地はコンクリートなどで覆われている。都の専門家会議は「地上部分は科学的に安全」という見解を示した。
 小池百合子都知事は、水質調査の結果を「重く受け止めなければならない」と語った。移転問題については「判断するのはまだ早い」との考えを示した。小池氏は、都民や市場関係者の「安心」を確保することを重要視している。
 市場問題を7月の都議選の争点とするため、移転の最終判断を引き延ばすようなら、都民や市場関係者の不信を招こう。過去の経緯と安全性の問題を区別して、速やかに方向性を示すべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。