Home > 社説 > 地方紙 > 近畿地方 > 京都新聞(京都府) > 【京都新聞】 籠池氏の証言  さらなる招致が必要だ
E200-KYOTO

【京都新聞】 籠池氏の証言  さらなる招致が必要だ

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 真相を覆う闇の深さを感じる証人喚問だった。
 大阪の学校法人・森友学園への国有地売却問題で、籠池泰典理事長が国会で証言した。安倍晋三首相の妻昭恵氏から現金100万円を寄付された様子を生々しく語ったほか、大阪府による小学校の設置認可や財務省による校舎建設用地払い下げ価格の値引きに、政治の関与があったとの認識を示した。
 これまでの報道以上の目新しい内容は乏しかった。しかし、嘘(うそ)を話せば偽証罪に問われる証人喚問での発言だけに衝撃は大きい。
 証言によると2015年9月、学園が運営する幼稚園で昭恵氏が講演した際、同行者を退席させて園長室で2人きりになり「どうぞ安倍晋三からです」と100万円を手渡された。口外しないようにとの電話もあったという。
 菅義偉官房長官は全面否定したが、具体的な描写には説得力があった。もし本当なら、安倍首相が全く知らないうちに昭恵氏が独断で寄付したとは想像しにくい。
 その1カ月後には、用地の定期借地契約をより有利な条件にできないか、昭恵氏に助力を求めて電話し、留守番電話にメッセージを残したという。すると翌月、秘書の女性から、関係省庁に掛け合ったが希望に添えない旨のファクスが届いた。この事実だけでも両者の浅からぬ関係は明白だろう。
 計4時間に及ぶ証人喚問では、政治の関与を裏付ける決定的な証拠や事実は明るみに出なかった。しかし、籠池氏が関係行政機関への「声掛け」を依頼した政治家として、自民党や日本維新の会の国会議員や大阪府議の名前を次々と挙げたことは驚きである。
 今回の証人喚問では、国有地が大幅に値下げされた経緯や、大阪府が小学校設置を条件付き認可した経緯は詳しく分からなかった。籠池氏の思い違いもあろうし、知らない事実も少なくないだろう。
 参院は売却当時の財務省理財局長だった迫田英典氏と、近畿財務局長だった武内良樹氏の参考人招致を決めたが、十分ではない。名前の挙がった政治家や当時の顧問弁護士、さらに昭恵氏本人や秘書から話を聞くことも必要ではないか。
 一部の議員の質問からは、施工費をめぐる籠池氏個人の不正行為に問題を矮小(わいしょう)化し、党や安倍政権を守ろうという意図が露骨に感じられて残念だった。「安倍人気」へのおごりを背景にした政官民の癒着はなかったのか。その解明こそ国民の期待であり、国会の責務であることを忘れてはならない。

One comment

  1. 籠池氏が多くの嘘を言っていることはすでに分かっている 言っている事を証明できていないのだ、小学校認可は不許可になったし 補助金詐欺で立件されそうである、破産したのか工事代金は 未払で幼稚園 学校は差し押さえられ全てが破綻ダメになったって原因は 陳情を断った議員や学校認可しない大阪知事であり、広告利用の安倍首相と夫人も逆恨みみんな引きずって地獄に落としてやると肝が据われば偽証罪など怖くないのだ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。