Home > 社説 > 地方紙 > 関東地方 > 茨城新聞(茨城県) > 【茨城新聞】 政権幹部の不用意言動 まず、おごりを自覚せよ
E125-IBARAKI

【茨城新聞】 政権幹部の不用意言動 まず、おごりを自覚せよ

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

おごりという通り一遍の言葉では片づけられない深刻な状態である。
安倍内閣の政務三役や自民党幹部による不用意な言動が止まらないのだ。今月に入ってからだけでも今村雅弘復興相の東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者対応を巡る無配慮な発言、山本幸三地方創生担当相の重要文化財保護に絡む事実誤認的な発言が続き、18日には中川俊直衆院議員が女性問題で経済産業政務官を辞任した。
また、自民党幹部では古屋圭司選対委員長が、沖縄県うるま市長選に立候補した野党系候補の公約に関し「市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」と自身のフェイスブック(FB)で批判していたことが表面化した。
憂慮すべきなのは閣僚や自民党幹部の言葉が、原発事故被害に苦しむ福島県や基地問題を抱える沖縄県の住民に対して向けられていることだ。
さらに問題なのは一連の失言が森友学園問題などを巡る稲田朋美防衛相の答弁や「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案審議での金田勝年法相の迷走が政治問題化した後に起きている点だ。
おごりがあったとしても反省があれば、自らを律することはできる。一連の発言から察するに反省どころか自覚さえないのではないか。そうでなければ国家を運営する者として責任を痛感しなければいけない人々に対して無神経な言葉を発することはしないだろう。
安倍政権のおごりとそれに対する無自覚さをうかがわせるような出来事は2013年参院選、14年衆院選に続いて圧勝を収めた昨年夏の参院選後から今年初めにかけて起きていた。
一つ目は昨年9月、臨時国会冒頭の衆院本会議で起きた。安倍晋三首相が、自衛隊員らをたたえるため所信表明演説を中断し拍手。多くの自民党議員がこれに応えて、一斉に起立し拍手、大島理森議長が着席を促す事態となった。
次はその翌月、山本有二農相が佐藤勉衆院議院運営委員長のパーティーで、環太平洋連携協定(TPP)承認案について「強行採決するかどうかは佐藤氏が決める」と言及。さらに後日、この発言について「冗談を言ったら首になりそうになった」と軽口をたたいた。
三つ目は今年2月の参院本会議での出来事だ。伊達忠一参院議長が、新幹線網の整備・拡充を求めた自民党議員が質問を終え、議長席前の壇上を離れる際に「北海道新幹線が(質問の中に)入っていない」と注文を付けたのだ。
伊達氏は北海道選挙区選出。公正中立であるべき議長が自らの選挙区への利益誘導につながりかねない不規則発言を行うという前代未聞の事案だった。
国会の多数派が首相をただただ礼賛し、閣僚が所管する案件の議事運営の在り方に言及、議長が質問者に対して利益誘導的な注文を付ける。止まらない政権幹部の不用意な言動-。
これらの出来事は参院選大勝を受けて自民党総裁の任期延長論が浮上、3月の自民党大会で3期9年への延長が正式決定した時期に当たる。1強状態を増した安倍首相に公然と異を唱える勢力も皆無に近くなっている。
権力者には追従しつつ他者には傲慢(ごうまん)さをもって対する自らの醜悪さにまず気付くべきではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。