Home > 社説 > 外国紙 > 人民日報(中国) > 【人民日報】 読書のデジタル化進み、1日あたりの携帯読書時間は1時間以上に
E345-JPEOPLE

【人民日報】 読書のデジタル化進み、1日あたりの携帯読書時間は1時間以上に

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

重慶市の信号機の傍には横断歩道を渡る際に携帯電話から目を離し、交通安全に注意するよう呼びかける標識が掲げられている(撮影:陳超)。
中国新聞出版研究院が実施した第14回全国国民読書調査の結果が18日に発表された。過去1年間で成人の読書スタイルのデジタル化が大幅に進んだことが、調査の結果明らかになった。またその中で成人の1日あたりの携帯電話の平均利用時間は74.4分と、前年比で19.6%増加した。経済日報が伝えた。
中国新聞出版研究院の魏玉山院長は、「デジタル読書における成人の1人あたりの携帯電話利用時間は1時間を上回った。一方、kindleなどの電子書籍リーダーで読書をする人は減少傾向にある。モバイル読書のための端末デバイスとして携帯電話が占める割合が上昇の一途をたどっている」とコメントした。
報告によると、中国では2016年、インターネットを利用した成人のオンライン読書率および携帯電話による読書率はいずれも上昇。一方、それ以外のデジタル読書デバイスを利用する割合はやや低下した。具体的にみると、2016年のインターネットによるオンライン読書を経験した成人の割合は55.3%と、前年比で4.0ポイント上昇した。また、携帯電話による読書を経験した人は同6.1ポイント増の66.1%。電子書籍リーダーやタブレットなどの端末機器を利用してデジタル読書を経験した人は前年比でやや減少した。
携帯電話による読書のうち、微信(WeChat)による読書時間が全体の35%を占め、平均時間は26分に達した。読書者数から見ると、2016年、成人の62.4%が「微信で読書をしたことがある」としており、2015年(51.9%)より10.5ポイント上昇した。また、やや意外なことに、農村部住民の微信による読書時間が都市部住民を上回った。統計データによると、都市部住民の微信による読書時間は40.99分だったが、農村部住民は42.70分となった。
携帯電話による読書スタイルの普及と発展が進むにつれて、「デジタル読書のためにお金を払ってもよい」と考える人の数も増加している。報告によると、2016年、携帯電話で読書をする人が費やした読書費用は、1人あたり平均16.95元(1元は約15.9円)に達し、2015年比で5.76元増加した。魏院長は、「この5元の増加は決して小さな額ではない。中国では現在、携帯電話で読書する人は全体の7割近くを占めている。つまり、過去1年間で、中国の携帯による読書における消費額が30億元以上増加したことになる。この数字は非常に印象的といえる」と指摘した。
魏院長は、「携帯電話による読書を一概に非難すべきではない。携帯電話による読書の急成長は、全国民の読書全体をけん引する上で重要な役割を果たしている。電子書籍や各種読書アプリなど、質の高い読書コンテンツやプラットフォームの発展は、国民の読書率と読書の質の向上を強力に後押ししている」との見解を示した。
携帯電話による読書が急成長する一方で、今もなお紙メディアの読書スタイルを支持している中国人も半数以上を占める。中国人の読書スタイルのすう勢に関する研究から、成人の51.6%は、「紙メディアで読書する」傾向にあることが判明している。また、書籍の価格に対する成人の許容範囲もわずかながら高まりを見せている。
4月23日の「世界図書・著作権デー」が近づき、全国民において読書ムードがますます高まり、読書に対するニーズも日増しに拡大している。報告にもこの傾向が顕著に現れている。「自分の読書量は極めて多い」と自覚している中国人は、わずか1.7%にとどまっている。これは、圧倒的多数の人が自分の読書をめぐる現状に満足していないことを示しており、「もっと読書をしたい」という強い願望が反映されている。
そして人々を喜ばせているのが、過去1年間で0歳から17歳までの未成年の読書率が85.0%と、前年比で3.9ポイント上昇した点。未成年者の1人あたりの読書量は8.34冊と、同1.15冊増加した。読書習慣のある0歳から8歳までの子供がいる家庭のうち、親が子供と一緒に読書をする習慣がある家庭は90.0%に上った。これらの家庭では、親が子供と一緒に読書をする時間は、1日平均24.15分に達した。
魏院長は、「中国では、未成年者の読書率が大人を大きくしのいでいる。これは、国民にとって大いなる希望となる。また、若い親たちが子供と一緒に本を読むことを非常に重視している点も見逃せない。彼らは、子供と一緒に読書をすることにより多くの時間を費やしたいと願っており、その時間は、成人の平均読書時間を上回るほどだ。このことから、全国民が読書をするという明るい未来図を目にすることができるだろう」とコメントした。(編集KM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。