Home > Uncategorized > 【】 減速で安全を

【】 減速で安全を

1 点2 点3 点4 点5 点 (未評価)  
Loading...

道路の雪も解け、開放感からか、速度を出し過ぎる車両が増えた。
「交通事故防止」に必要なのは、ドライバー一人一人が、まずスピードダウンを心掛けることだろう▲制限速度も含めて交通ルールを守ることが、一番の交通安全運動になることは明らか。
しかし、残念なことに下川町内でも郊外になると、20、30キロオーバーと考えられる車両が目立つ▲制限速度が記された標識がちゃんと見えているのだろうか。
ドライバーとして、見えていなければ大問題だが、見えているのに守られていないとすれば、やはり問題▲自動車は便利な半面、人の命を一瞬で奪ってしまう危険な乗り物。
それを安全に扱う能力があると認められ、「ルール厳守」という約束で、「特別」に利用が許されている。
それを忘れてはならない▲制限速度には意味がある。
50キロの区間では見通しが悪く、その先に注意せねばならない場所、40キロ区間には人や車が横断する場所があったりする。
下川の役場前道路は子どもの横断が多く、30キロ以内に制限されている。
少なくともその意味を意識することが重要▲そういう筆者も気付くと、10キロオーバーになる。
加速は簡単だが、速度を抑えて維持することは集中力が必要。
だからこそ、スピードダウンへの強い意識が重要ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。