Home > 社説 > ブロック紙 > 北海道新聞 > 【北海道新聞】 日報隠蔽問題 稲田氏は直ちに説明を
E035-HOKKAIDO

【北海道新聞】 日報隠蔽問題 稲田氏は直ちに説明を

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題で、稲田朋美防衛相が、陸自が日報を保管していた事実を非公表とする方針を了承していたことが明らかになった。
 稲田氏はきのう「隠蔽(いんぺい)、非公表を了承したとかいう事実は全くない」と否定したが、報道内容に関する詳しい説明はまだない。
 仮に防衛省・自衛隊による組織的隠蔽をトップの稲田氏が容認していたとすれば、政治家が文民として実力組織の自衛隊を統制するシビリアンコントロールの根幹に関わる重大な事態となる。
 日報の隠蔽問題では防衛相直轄の防衛監察本部が特別防衛監察の結果を近く公表する見通しだ。
 稲田氏は直ちに公表するよう指示し、自身が問題にどのように関わってきたかについて納得のいく説明をすべきである。
 防衛省は日報の情報開示請求に対し昨年12月、「陸自で廃棄済み」と不開示を決定した。その後、統合幕僚監部に電子データが保管されていたことが分かったとし、2月7日に内容を公表した。
 だが、データが実は1月ごろまで陸自にも保管されていたことが3月になって発覚する。
 稲田氏はこの時点の国会答弁で陸自保管の報告は受けていなかったとし、「防衛省・自衛隊に改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と述べた。
 しかし複数の政府関係者によれば稲田氏は2月15日に緊急の幹部会議に出席し、陸自保管の事実の非公表を了承したとされる。
 その2日前にも陸自幹部から事前に報告を受けていたという。
 その通りであれば、国会での説明は明白な虚偽答弁になる。
 そもそも、幹部会議はあったのかどうか、肝心の点について防衛省側の説明は曖昧だ。
 出席者の1人とされる黒江哲郎事務次官は、会議は「記憶にない」と言い、稲田氏が非公表を了承した事実も「ないと思う」と述べた。説明として不十分である。
 特別防衛監察の開始から4カ月が過ぎた。稲田氏は当初中間報告を行う意向を示していたが、それもなく通常国会は閉会した。野党の追及を逃れる時間稼ぎをしてきたのなら、国民軽視も甚だしい。
 稲田氏は東京都議選で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と問題発言をするなど、何度も閣僚としての資質が問われてきた。
 内閣改造で交代も取り沙汰されるが、ここは速やかに説明責任を果たすのが最低限の責務だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。