Home > 社説 > 全国紙 > 読売新聞 > 【読売新聞】 米朝緊張 無謀な挑発へ冷静に対応せよ
E010-YOMIURI

【読売新聞】 米朝緊張 無謀な挑発へ冷静に対応せよ

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 北朝鮮の核・ミサイル問題の解決には、軍事的選択肢を強調するだけでなく、経済制裁などの圧力と対話を組み合わせて粘り強く対処する冷静さが大切である。
 米国と北朝鮮が、戦争も辞さない強硬発言を繰り返している。攻撃的な言辞の応酬は、いたずらに緊張を激化させ、不測の事態を招きかねない。
 問題の根源は、北朝鮮にある。7月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を2回発射し、米本土を射程に収める核ミサイルの実戦配備が現実味を帯びた。
 核弾頭の小型化に成功したとの分析もある。米政府の予想を上回る速度で、開発が進展しているのは間違いあるまい。
 看過できないのは、北朝鮮が「米国への厳重な警告」として、弾道ミサイル「火星12」4発を同時発射し、米グアム島周辺の海上に着弾させる作戦案を発表したことだ。今月中旬までに案を完成させて、発射命令を待つとした。
 21日から韓国で予定されている米韓合同軍事演習を牽制(けんせい)する狙いは明白だ。グアムには、戦略爆撃機の出撃拠点の米空軍基地がある。発射が強行されれば、軍事的緊張は極限に達しよう。
 北朝鮮の戦略軍司令官は、ミサイルが「島根県、広島県、高知県の上空を通過する」と具体的県名にまで言及した。
 菅官房長官が「明らかな挑発行為であり、断じて容認できない」と反発したのは当然である。
 小野寺防衛相は、グアムへの発射は、集団的自衛権行使が可能になる「存立危機事態」に認定され得る、との考えを示した。
 認定されれば、ミサイルの迎撃や米艦防護が可能になる。政府は、米国と緊密に協力し、あらゆる事態に備える必要がある。
 トランプ米大統領が北朝鮮に「これ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともないような炎と怒りに直面することになる」と警告したのも気がかりだ。核攻撃を想起させる表現を大統領が使うのは極めて異例である。
 北朝鮮が新たな核実験や中長距離弾道ミサイル発射を行った場合、米国が軍事行動に踏み切るとの「レッドライン」を設定したとも受け取られる。軽率で危うい言動は、慎むべきである。
 ティラーソン米国務長官は「米国は北朝鮮を敵視しておらず、対話も可能だ」との考えを表明している。トランプ氏は、政権内での政策調整を図り、日韓など同盟国との連携を強めねばならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。