Home > 社説 > 外国紙 > 人民日報(中国) > 【人民日報】 中国の案は国際的コンセンサスへ
E345-JPEOPLE

【人民日報】 中国の案は国際的コンセンサスへ

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

今年はBRICS協力の「中国の時」であり、美しい海浜都市・厦門に各国の来賓が集う。建築と歴史で知られる厦門・鼓浪嶼は少し前に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。厦門はかつて海のシルクロードの重要な連結地であり、現在も同様に世界を結ぶ重要な懸け橋だ。(文:阮宗沢・中国国際問題研究院常務副院長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)
厦門会議がことのほか注目されるのはなぜか?どのような成果が期待されるのか?第2の「黄金の10年」をどう開くのか?中国の案はBRICS協力の価値をどう増強するのか?会議のテーマに、その答えを探る必要がある。今回のテーマは「BRICSパートナーシップを深め、さらに明るい未来を切り開く」であり、現在に注目した地に足の着いたものであると同時に、遠く将来を見据えて戦略を決めるものでもある。当然、今回の会議は中国の案が国際的コンセンサスへと変わるのを目撃する重要な瞬間ともなる。
過去5年間、中国の習近平国家主席は新たな歴史的出発点に立ち、全局を総覧し、耳目を一新するイニシアティブや案を先見性をもって打ち出した。たとえば「一帯一路」(the Belt and Road)、アジアインフラ投資銀行(AIIB)やBRICS新開発銀行の設立、正しい義利観の実践、協力・ウィンウィンを核心とする新型の国際関係の構築推進、人類運命共同体の構築、グローバル・パートナーシップ網の構築などであり、多くの賛同を得た。
過去5年間、中国はホームグラウンド外交を足がかりに、革新を駆動力に、議題と議事日程設定の主導権を積極的に運用し、中国の案を国際的コンセンサスに変え、パイオニア的で制度化された成果の形成へと会議を誘導し、中国の特色ある大国外交の絢爛たる絵巻を描き、鋭意進取する中国の揺るぎない意志を示し、中国と世界の共通利益を開拓し、広げた。
今日の中国はまるで「スーパーマグネット」のように、世界の視線を引きつけている。中国は「立ち上がる」から「豊かになる」、そして「強大になる」という歴史的飛躍を実現した。これはハードパワーの一層の増強と共に、国家統治の新理念、新思想、新戦略など中国の案に代表されるソフトパワーの同時強化も含む。両者は互いに支え合うことで成り立ち、さらに良くなり、中国の力強い台頭を真に支えている。中国の案が広く好評を博す根本的原因は、中国の改革開放の偉大な実践が成功的実践であり、中国の発展の道が成功の道であることを人々が目撃していることにある。
現在、国際情勢は目まぐるしく変転し、国際構造は変化を加速し、チャンスと試練が交錯している。新興勢力の台頭が国際秩序の調整と改革の助けとなる一方、世界は懸念に満ち、欧米は輝きを失うこと、または「ポスト欧米」時代へ滑落することへの懸念を募らせ、このために武器として保護主義を掲げ、困難を他国に押しつけることも辞さず、世界経済成長の足手まといになっている。こうした中、「南南協力」の重要なプラットフォームであるBRICS体制の行方が大いに注目されている。そして、この体制の将来の発展にとって中国のリーダーシップが鍵を握ることが一層明らかになっている。
BRICSは駄目だと合唱する国際社会の一部の声を前に、BRICSはなおさらに自信を強める必要がある。議長国である中国は「開放・包摂、協力・ウィンウィン」のBRICS精神に基づき、各国と意思疎通を強化し、協力深化、制度整備の推進を力強く提唱し、「BRICSプラス」モデルを通じてコミュニティを拡大し、世界の平和と発展にBRICS協力体制が一層の貢献をする後押しをする。(編集NA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。