Home > 社説 > 外国紙 > 人民日報(中国) > 【人民日報】 協力が描くBRICSの「同心円」
E345-JPEOPLE

【人民日報】 協力が描くBRICSの「同心円」

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

第9回BRICS首脳会議が9月3~5日、福建省厦門(アモイ)市で開かれる。2006年の初の外相会議以来、BRICSは10年の発展を経て、すでに国際社会の重要なパワーとなっている。厦門会議は次の「黄金の10年」を開く。(文:羅来軍・中国人民大学重陽金融研究院シニアフェロー。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)
厦門会議期間、中国側は新興国・途上国対話を開催し、新興国と途上国の首脳5人を初めて招待して、BRICS首脳と共に持続可能な開発のための2030アジェンダの実行に焦点を合わせ、世界的影響力を持つ南南協力及び国際開発協力プラットフォームの構築を推し進める。
中国側は他の構成国と共に、BRICS協力を拡大し、着実なものにし、強化し、BRICS体制の価値を高め、5カ国に幸福をもたらし、世界に恩恵を及ぼすことを望んでいる。範囲から見ると、BRICS協力体制の影響力は3つのレベルにまとめられる。
BRICS構成国から始まり、さらに多くの途上国へと拡大し、さらに世界へと延伸する。協力の「同心円」は波紋のように広がっていく。
第1のレベルは、BRICS5カ国の「拳の協力」だ。習近平国家主席は以前、BRICSは5本の指に似て、伸ばすと各々長所があり、握ると1つの拳になると指摘した。中国、ロシア、南アフリカ、ブラジル、インドのBRICS5カ国は共通の、または似た発展の段階、特徴、試練を有し、資源、経済発展に各々優位性があり、広範かつ巨大な協力の潜在力を持つ。5カ国の誠意ある協力は1つの拳を形成し、ばらばらに開いた5本の指と比べて力が大幅に増し、さらに多くの互恵・ウィンウィンの大きな成果を結ぶことができる。「拳の協力」に尽力することが、BRICS協力の方向となる。
第2のレベルは、途上国の「活力の協力」だ。9月5日午前、習主席は新興国・途上国対話を開催する。BRICSが新興国と数多くの途上国のリーダーであり、BRICSの発展モデルが他の途上国にとって重要な参考意義を持つことに疑いはない。「BRICSプラス」はBRICSに活力を加えるうえで助けとなり、新興国と途上国の共同発展を促進するうえで助けとなり、開放・包摂的で、あまねく恩恵の及ぶ、ウィンウィンのグローバル化を築くうえでプラスとなる。BRICSの輪番議長国である中国は今年「BRICSパートナーシップを深め、さらに明るい未来を切り開く」とのテーマを押さえ、一連の活動を催した。新興国と途上国は深く関与し、BRICS協力体制と南南協力体制は深化し続けている。
第3のレベルは世界各国の「新たな道の協力」だ。厦門会議期間、習主席はBRICS首脳会議、拡大会議を開催する。BRICS首脳会議は世界経済情勢と世界経済ガバナンス、世界や地域の紛争問題、国の安全と発展などが主要議題だ。新興国と途上国の代表であるBRICSには、様々なグローバルな試練に対処するために、積極的、建設的役割を発揮する責任と能力がある。BRICS協力体制は世界各国の互恵・ウィンウィンに協力の新たな道を切り開き、新たな活力を与える。各国の共同努力の下、厦門会議は世界各国の斬新な協力を開く会議となる。(編集NA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。