Home > 社説 > 全国紙 > 毎日新聞 > 【毎日新聞】 民進党新代表に前原氏 「ど真ん中」の空白埋めよ
E020-MAINICHI

【毎日新聞】 民進党新代表に前原氏 「ど真ん中」の空白埋めよ

そう思わないそう思う (+1 点, 3 投票)
Loading...

 民進党の新代表に前原誠司氏が選ばれた。前原氏の言葉を借りれば、同党にとってのラストチャンスだ。そこで前原氏に注文したい。
 一つは、日本の政党政治の「ど真ん中」に生まれた空白を埋めるべく努力することだ。
 民進党は旧民主党の時代から「穏健な保守層」への支持拡大を狙ってきた。だが、野党転落後は右傾化した安倍政権に対抗する形で左に軸足を置きがちだった。
 その民進党が政党政治の一方の軸たり得ていないことは、7月の東京都議選の結果からも明らかだ。「安倍1強」のおごりに愛想を尽かした政権批判票の多くは「都民ファーストの会」に集まった。
 今回の代表選では共産党との選挙協力の是非が最大の争点となった。民進党としてどういう政策理念を掲げるのかに直結する論争を期待したが、次期衆院選で生き残るにはどの政党と組むのが得策かという戦術論が先に立った感は拭えない。
 前原氏は自民党に対抗する理念に「オール・フォー・オール(みんながみんなのために)」を掲げた。少子高齢化対策の充実に必要な負担を社会全体で分かち合う考え方だ。
 安倍政権の「1億総活躍」や「働き方改革」と何が違うのか。政策の肉付けを急ぎ差別化を図るべきだ。
 もう一つ注文したいのは「自民党に学べ」ということだ。党内に対立があっても、議論して決めたことはまとまって実行する。政党組織として身につけるべきガバナンス(統治)の基本だ。権力への執着は自民党の強さの源泉でもある。
 旧民主党政権の反省として前原氏は「党が常にバラバラだった」と振り返った。消費増税などを巡る政権の迷走と党分裂の記憶は、国民からの信頼回復を今も阻み続けている。
 政権を批判していれば一定の支持が得られた野党第1党の地位も揺らぎ始めた。「小池新党」の結成をにらんだ離党の動きもくすぶる。
 先送りしてきた憲法改正や原発ゼロなどの議論を今こそ徹底的に行い、党の政策理念を固めて国民に提示すべきだ。その過程で野党再編に進むくらいの覚悟があってもいい。
 「もう一度、この党を選択肢として国民に示す」と宣言した前原氏の本気度が試される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。