Home > 社説 > 地方紙 > 北海道・東北地方 > 岩手日報(岩手県) > 【岩手日報】 前原民進丸の船出 後がないという認識を
E085-IWATENIPO

【岩手日報】 前原民進丸の船出 後がないという認識を

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 荒波をしのいで、いかに船を前に進めるか。前原誠司新代表の下、改めて針路を定めようとする民進党は、こぎだすまでが大変そうだ。
 枝野幸男元官房長官との一騎打ちは、どちらが選ばれても分裂含み—。代表選は党内外から、そんなささやきが漏れる中で行われた。7月の東京都議選を経て「安倍1強」態勢が揺らぎ、政界再編の動きが顕在化。民進党は存在感を示せるか、のみ込まれるかの瀬戸際にある。
 自民党が歴史的惨敗を喫した都議選では民進党も惨敗。政権批判の受け皿となり得ていない現状が白日の下にさらされた。小池百合子都知事肝いりの「新党」の動向に注目が集まる中での代表選に、高揚感は乏しかった。
 そもそも野党第1党の党首選で、他の勢力との連携の在り方が主要な争点になること自体、同党の置かれた状況を如実に物語る。前原民進丸の船出に当たっては、今度こそ後がないという認識を党全体で共有しなければならない。
 代表選そのものは、双方それぞれの主義主張を際立たせることに腐心したとは言えるだろう。前原氏は党内保守派の代表格。片やリベラル派の支持が厚い枝野氏。その違いは、次期衆院選に向けた野党共闘や消費税増税などへの見解の相違に表れた。
 とりわけ際立ったのは、共産党との選挙協力への考え方だ。前原氏は「理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と見直しの意向を明言。昨年参院選で幹事長として共闘を主導した枝野氏は、その維持を主張した。
 逆に小池氏の側近らが年内結成を目指す国政新党との連携では、前原氏が前向きな姿勢をにじませたのに対し、枝野氏は否定的。選挙での枝野氏のポイントを見る限り、今後もくすぶる問題だろう。
 共同通信が民進党の地方県連幹部を対象に行った調査によると、共産党を含む野党共闘の継続には慎重意見が目立つ一方、「小池新党」との連携も積極的な意見は少数にとどまった。野党再編の動きに直接響く課題だけに、その方向性を巡る議論は挙党態勢を築く上で重要な試金石だ。
 カギを握るのは幹事長人事だろう。昨年の代表選後、蓮舫氏は自身の所属グループから野田佳彦前首相を据え「野党転落を招いた戦犯」と猛反発を招き、以後の党運営を難しくした経緯がある。
 代表選が圧勝なら前原路線で進むのも容易に違いない。今回のポイント差を、どう読むべきか。早期の衆院解散も取り沙汰される中で、10月には衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の補欠選挙を控え、まさに常在戦場の前原民進丸は、船出から難しいかじ取りを強いられそうだ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。