Home > 社説 > 外国紙 > 朝鮮日報(韓国) > 【朝鮮日報】 国難の最中でも政争に余念がない韓国の政治家たち
E335-CHOSUN

【朝鮮日報】 国難の最中でも政争に余念がない韓国の政治家たち

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 韓国文化放送「MBC」の金張謙(キム・ジャンギョム)社長に対する逮捕状が出されたことに抗議し、保守系の最大野党「自由韓国党」は国会での日程を全てキャンセルすると発表した。これに対して与党「共に民主党」の議員らは「もう帰ってくるな」とあざけっている。現職の地上波テレビ局の社長に対し、不当労働行為を理由に逮捕状が出るなど前代未聞で、誰が見ても無理があり感情的だ。MBCとKBS(韓国放送公社)を意のままに掌握しようとする与党の動きが現実になったものと言えるだろう。公権力が私的な暴力行為の道具に転落してしまったのだ。
 一方のMBC側にも問題はあった。MBCの大株主である放送文化振興会の高永宙(コ・ヨンジュ)理事長は先日法廷で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は共産主義者だ」と複数回にわたり主張した。文大統領が左翼的な経済観、社会観を持っているのは事実かもしれないが、しかし暴力革命を目指す共産主義者というのは言い過ぎだ。このような常識外れの主張に対して与党が「逮捕状」という形で報復した可能性があり、これが野党の国会登院拒否を招いている。議員たちに対して合理的で穏やかな国会運営を期待することさえもはや無理な話だろうか。
 MBCとKBSの労働組合は今日から経営陣らの辞任を求めて同時ストに突入する。またすでにストを行っているKBSの記者らは、北朝鮮が6回目の核実験を行ったことでニュース制作への復帰を求める声をも無視している。彼らは社長の辞任と出国禁止が先だと主張しているわけだが、これが本当に地上波テレビ局の職員がやることだろうか。外では敵から危険な武器を突き付けられているが、国内はバラバラで国民や政党同士が互いに相手への敵意をむき出しにしているのが韓国の現状だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。