Home > 社説 > 全国紙 > 読売新聞 > 【読売新聞】 医師の過労防止 地域偏在の解消が欠かせない
E010-YOMIURI

【読売新聞】 医師の過労防止 地域偏在の解消が欠かせない

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 医師が過労で心身に不調を来せば、医療の安全が脅かされかねない。患者にとっても問題が大きい。医師の働き過ぎの防止策が求められる。
 厚生労働省の有識者検討会が、医師の働き方改革に関する議論を始めた。残業の上限規制や労働時間の短縮策について、2年後をめどに結論を出す。
 政府は、働き方改革実行計画で残業時間に罰則付きの上限規制を設けることを決めた。
 医師については、適用を5年間猶予する。正当な理由なく診療を拒めない「応召義務」など、職務の特殊性に配慮したためだ。
 患者の命を預かり、容体に応じて対処する医師に、画一的な労働時間制限がなじまないのは事実だ。使命感から長時間労働を厭(いと)わない医師も少なくない。技術や知識の習得といった自主的研究と仕事の切り分けも難しい。
 業務実態に合った実効性ある対策を打ち出してもらいたい。
 1週間の労働時間が60時間を超える医師は、42%に上っている。全職種平均の14%を大幅に上回り、職種別で最も多い。
 中でも病院の勤務医は、宿直や緊急の呼び出しが頻繁にあるために、多忙を極める。
 勤務医の過労自殺も相次いだ。都内の総合病院に勤めていた男性研修医が自殺したのは、長時間労働による精神疾患が原因だとして7月に労災認定された。5月にも、新潟市民病院の女性研修医の自殺が労災と判断されている。
 医師は、手術時の緊張感や患者からの訴訟リスクなど、精神的重圧にもさらされている。医療機関は危機感を持つべきだ。
 女性医師が増え、家庭との両立に関心が高まったことも、働き方改革が必要とされる理由だ。
 地方や一部の診療科では、人手不足が深刻化している。医療機関には、一律の残業規制は地域医療を崩壊させるとの懸念が強い。
 人手不足の背景には、地域間などでの医師の偏在がある。働き方改革では、その解消が不可欠だ。医師の適正配置を促す効果的な方策を工夫せねばならない。
 医療機関の役割分担は重要だ。初期診療は診療所に委ねる。拠点病院に医師を集約し、当直などの負担軽減を図る。地域の実情に応じた取り組みが求められる。
 医師の業務見直しも進めたい。患者への基本的な説明や書類作成など、看護師や事務職に任せられる日常業務は少なくない。
 患者も、不要不急の受診をできるだけ避けることが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。