Home > 社説 > 地方紙 > 北海道・東北地方 > 陸奥新報(青森県) > 【陸奥新報】 民進新執行部「野党第一党の責務を果たせ」
E080-MUTSU

【陸奥新報】 民進新執行部「野党第一党の責務を果たせ」

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 
 民進党が前原誠司新代表の下、新執行部を発足させた。ところが一度は内定した山尾志桜里元政調会長の幹事長起用が見送られるという不手際を露呈、出だしからつまずいた格好だ。ただ、来月には衆院3選挙区で補欠選挙が行われる。“安倍1強”批判の受け皿となる野党の存在は不可欠であり、前原氏は何としても態勢を立て直す必要がある。
 今回、衆院当選2回の山尾氏を“党の顔”とも言える幹事長に起用しようとしたことは、若手女性を抜てきすることで党の刷新をアピールし、党再建のきっかけにしたい前原氏なりの考えがあったのだろう。
 しかし代表選で前原氏を支援した議員らから異論が出る。山尾氏の経験不足は否めず、離党者が相次ぐ中での党の運営や、次期衆院選の候補者調整などを任せることを不安視したという。
 加えて一部報道によれば、山尾氏にもスキャンダル疑惑があり、週刊誌に写真と記事が掲載されるという。幹事長ではなく代表代行に処遇する案も検討されたが、結局こちらも見送られたようだ。
 逆に山尾氏の幹事長起用に期待を寄せていた議員は落胆の色を隠せない。比例東北の升田世喜男衆院議員は「白紙となり非常に残念だ。(衆院補選が行われる本県)4区にも来てもらう予定だった」と肩を落とした。
 混乱の末、新執行部の幹事長には大島敦元総務副大臣を起用。政調会長には階猛元総務政務官が就いた。逆に玉木雄一郎元幹事長代理は起用されなかった。
 この人事についても同党関係者は「論功の意味合いが強い」と指摘する。代表選で前原氏陣営を指揮した大島氏はもちろん、離党した細野豪志氏のグループを前原氏支持でまとめた階氏を厚遇。その一方で、代表選で白紙を投じたのは玉木氏に近い若手議員とささやかれており、玉木氏は要職を外れたと分析する。
 原因が何であれ、直前になって人事案が差し替えられたことは、前原氏当人にとっても、出直しを図ろうとした党にとっても打撃となった。
 青森県連関係者は今回の新代表選出に際し、前身の民主党時代から人事をめぐる“お家騒動”を繰り返していることを念頭に「(人事などに)尾を引かなければいい」と懸念を示していた。さらには「国会議員のための党じゃないんだ」と地方組織の不満も代弁していた。
 早速、手腕を問われる格好となった前原氏だが、党内をまとめられなければ新たな離党者が出る可能性もある。両院議員総会では「われわれが新たな社会像、国民に選択肢を示すことは責務だ」と結束を呼び掛けたが、同党の混乱を見越しての解散・総選挙の可能性はゼロではない。解散しなくても衆院のトリプル補選は行われる。早急に選挙態勢を整え、再スタートの機会とすべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。