Home > 社説 > 地方紙 > 九州・沖縄地方 > 沖縄タイムス(沖縄県) > 【沖縄タイムス】 [オスプレイ墜落報告書]本当に操縦ミスなのか
E290-OKINAWA

【沖縄タイムス】 [オスプレイ墜落報告書]本当に操縦ミスなのか

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 米軍の結論は今回も「パイロットの操縦ミス」だった。
 普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが昨年12月13日、名護市安部の沿岸部に墜落した事故で、米軍は防衛省に最終報告書を提出した。事故の原因を「困難な気象条件下で、空中給油訓練を行ったパイロットの操縦ミス」と結論付けた。
 報告書によると、墜落事故は午後9時半ごろに発生。雲が確認されるなど秒速10~15メートルの風が吹く気象条件だった。MC130空中給油機の給油ホースが揺れ、空中給油は何度か失敗。事故は最後の給油を試みた際に起きた。パイロットがオスプレイのエンジン出力を上げ近づきすぎたため、右のプロペラに給油ホースが接触。機体が大きく振動し「安全な飛行を継続することが困難となった」
 報告書でパイロットについて「飛行訓練や空中給油活動を行う有効な資格を有していた」と強調する。在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官も墜落直後「民間地を避けたパイロットの判断が乗組員や沖縄県民の命を救った」とたたえた。このような「優秀な」パイロットが操縦ミスを引き起こしたのである。
 新たに、2015年に米カリフォルニア州の基地所属のオスプレイが日本国外で同じ事故を起こしていることが明らかになった。オスプレイの操縦の難しさを示すものだ。
 米軍は機体の欠陥ではなく、操縦ミスが原因とするが、それは本当なのか。米軍が言うように操縦ミスが原因ならば多発する背景に何があるかを究明すべきだ。
 
 報告書は「機体の不具合または整備不良の兆候はなかった」と言っている。そもそも機体自体に問題はないのか。名護市安部の墜落事故後も、オーストラリア沖での墜落事故や緊急着陸が連続して発生しているからだ。
 オスプレイはヘリコプターの垂直離着陸と固定翼の両方の機能を備えている。
 構造の複雑さは、開発段階から多数の死者を出していることからもわかる。
 15年に米ハワイ州で着陸に失敗し炎上、2人が死亡した事故で、米海兵隊は原因を「ローターによる下降気流により、埃(ほこり)や砂を吸い込んだ結果、エンジンのタービン翼に物質が固着し、それが揚力を失わせ、着陸失敗に至った」と発表している。今回の安部の事故でも後方乱気流が事故の一因だったことが明らかになっている。オスプレイの構造的欠陥である。
 
 オスプレイは海兵隊の特殊作戦に投入される。夜間の空中給油をはじめ、物資つり下げ、パラシュート降下、低空飛行など訓練は危険性の高いものにならざるを得ない。今後も同じ事故が起こる可能性が高いのである。
 米軍は再発防止策として、空中給油の専門家が暗視ゴーグルを装着しての空中給油、低高度飛行、空母などへの着艦、狭小な区域への着陸などの教育を行ったという。
 パイロットの軍事的能力維持を目的とした対策と県民の安全確保とは相いれず、これらを再発防止策と呼ぶことはとてもできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。