Home > 社説 > 地方紙 > 九州・沖縄地方 > 佐賀新聞(佐賀県) > 【佐賀新聞】 10秒の壁突破
E260-SAGA

【佐賀新聞】 10秒の壁突破

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 陸上短距離の桐生(きりゅう)祥秀よしひで選手が日本学生対校選手権の100メートル決勝で、日本選手として史上初めて10秒の壁を破る9秒98をマークした。陸上の歴史にとどまらず、日本のスポーツ史に新たなページを書き加えた。21歳の若者の快走を祝福したい。
 全競技を通じ、五輪で最も注目される種目は陸上男子100メートルといわれる。その決勝は「地球上最も速く走る人間を決めるレース」として、世界中のテレビ視聴者をくぎ付けにする。
 五輪をスポーツ最高峰の大会と自負する国際オリンピック委員会(IOC)は、男子100メートル決勝を「王冠の真ん中に輝く宝石」と表現することもあるようだ。
 駆けっこは世界のどこでも子どもたちが楽しんでいる。これほど単純で身近な競争はない。それがまた何よりの魅力でもある。
 この競争は同時に、世界で最も選手層の厚い種目かもしれない。そして、生まれながらの体力的な資質がものをいう種目ともいわれる。
 西アフリカ出身の先祖を持つ黒人選手は、短距離を速く走る決め手となる足腰の筋肉と、それを支える腱(けん)が、大きく発達しているといわれて久しい。
 9秒58の世界記録を持つウサイン・ボルト選手は桐生選手より約20センチも上背がある196センチだが、その長身を持て余すことなく脚の回転数を上げ、すさまじいパワーをトラックに伝える。
 これまで体力的に恵まれない日本選手は、いくら走りの技術を磨いても、この種目では世界に太刀打ちできないともいわれてきた。桐生選手の快走は、優れた技術が肉体的なハンディを補い、世界レベルに近づいたことを証明したのではないだろうか。日本の短距離陣にとどまらず、アジア各国の若者に勇気を与えるかもしれない。
 桐生選手は中学生で本格的に短距離走に取り組み、すぐに豊かな才能を発揮したという。しかし、試合の出場が続くと、脚と腰への負担が大きくなり、肉離れに悩まされることもあったようだ。
 高校に入ってからは指導者の指示で、けがの予防に努め、疲労のたまらない練習を心がけた。過度な練習量を課すことなく、合理的で適切な練習を続けた指導者の賢明な配慮、選手の健康を第一に考える姿勢が才能をここまで伸ばした背景にあるのではないか。
 桐生選手は2015年3月の米国での大会では追い風参考記録ながら9秒87で走り優勝し、しかもロンドン五輪5位の米国選手に勝っていた。高校3年の13年4月に10秒01を出して芽生えた自信は、時間をかけて膨らみ、今は確かなものになったのではないか。
 さらに記録を伸ばしていくためにも、大きな大会で好成績を挙げるためにも、そうした強豪がそろう米国や欧州でのレースに出場し続け、経験を積むことが大切だ。
 視野をさらに広げ、レースを楽しみ、世界の多くの強豪と交流し、相手から認められる存在になったとき、桐生選手はどんな大きな舞台でも平常心でレースに臨めるようになるに違いない。
 スタートと、それに続く序盤の走りで技術をさらに磨き、独特のスタイルを築いてほしい。強豪が桐生選手のスタートダッシュの鋭さに戸惑い、慌てる。それが桐生選手の勝利の方程式なのだろう。(共同通信・竹内浩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。