Home > Uncategorized > 【】 事故のない環境へ

【】 事故のない環境へ

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

テレビのニュース番組で最近、毎日のように目にする高齢者が被害者、加害者となった交通事故。
中でも、車を発進させる際、アクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こすケースが多く、運転時は十分に注意を▲踏み間違えの事故は、オートマチック車の普及に伴って増加しているもの。
クラッチによるギア操作が必要なマニュアル車ではほとんどと言っていい程になかった事故だ▲車の進化によって増えた事故だが、近年はこのような事故を防止するためにさらに進化しており、誤発進抑制や自動ブレーキといった安全運転支援システムを搭載した車が増えている▲一方で、運転免許証を返納する高齢者が増加傾向にあるとされているが、あくまでも公共交通機関が充実した都市部の住民が多い。
だが、これに逆行して、公共交通機関があまり充実していない地方自治体ほど高齢化率が高いのが現状▲地方の住民にとって車は必需品。
特に、北海道や東北のように1年の約半年間、雪が降る地域では、事故のリスクが高くなる環境でありながらも、生活する上で重要なアイテム。
今後も高齢化は進行していくことから、高齢者による痛ましい事故がなくなる環境の充実を願うばかりだ▲また、日没が早まっていることからも、高齢者も含めてドライバーは注意して運転してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。