Home > 社説 > 地方紙 > 中部地方 > 信濃毎日新聞(長野県) > 【信濃毎日新聞】 衆院選に問う 3極の争い 安倍政治にどう向き合う
E175-SHINANO

【信濃毎日新聞】 衆院選に問う 3極の争い 安倍政治にどう向き合う

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 10日の衆院選公示に向け、各党の政権公約や公認候補の発表が続いている。
 選挙戦は「自民党・公明党」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主党・共産党・社民党」の3極の構図が描かれている。
 安倍晋三首相による突然の解散表明、新党の設立、野党第1党の分裂と慌ただしく動いてきた。
 2012年の政権復帰から5年近くにわたる安倍政治に有権者が審判を下す機会だ。目まぐるしい展開に戸惑ってはいられない。選挙戦を通じて各党の主張、政治姿勢を吟味したい。
 
 
 <首相1強への審判>
 今回、首相は「国難突破」のためと称して解散に踏み切った。街頭演説でも、核・ミサイル開発で緊迫する北朝鮮情勢や少子化対策に触れ「国民の生命と財産、幸せな国をいかに守り抜くかを問う選挙だ」と訴えている。
 「国民から大きな不信を招く結果となり、改めて深く反省し、おわび申し上げる」。8月に「仕事人内閣」を発足させた際、首相は森友学園への国有地売却や加計学園の獣医学部新設について神妙な面持ちで語っていた。一転、強気の姿勢に戻った印象だ。
 政権の長期化とともに1強のおごり、ひずみが浮かんでいる。森友、加計問題は典型だ。「総理のご意向」を受けて不公平な決定がなされたのではないか。あるべき文書がなぜ「廃棄した」の一言で片付けられてしまうのか。不信の念はいっこうに消えない。
 国会では反対論の強い法案が次々と数の力でごり押しされる。憲法に基づく臨時国会召集の要求は平然と捨て置かれる。国会も憲法も軽視した政治を続けるのか。衆院選で問われるべきは、そこだ。
 
 
 <希望の立ち位置は>
 自民は今回、改憲を6本柱の重点項目の一つに位置付けた。5月の首相提案を踏まえ、自衛隊明記や教育無償化など4項目を列挙している。時期は明示していないものの、衆院選に勝てば「国民に信任された」と一気にアクセルを踏む考えだろう。
 自衛隊明記は党内でも異論が根強い。公明の公約は「理解できないわけではないが、多くの国民は自衛隊を憲法違反とは考えていない」と賛否をぼかす。与党内の意見の食い違いを放置して衆院選に臨むのは無責任だ。
 対する野党も姿勢を問われる。
 小池百合子東京都知事が率いる希望は、立ち位置がはっきりしない。小池氏は衆院選出馬を否定している。政権交代を目指すとしながら首相指名候補は未定だ。
 選挙後に自民と連携する可能性について「安倍政治ではでき得ないことを訴える」とする一方、党総裁が代わった場合は「やってみないと、どなたがなるのかも選挙の結果次第」と含みを残す。
 「お友達厚遇ではない、特区を活用した規制改革」を推進すると加計問題を当てこすり、対決姿勢をアピールしてはいる。消費税増税の凍結や原発ゼロでも自民との違いを強調する。
 とはいえ、「自衛隊の存在を含め、時代に合った憲法の在り方を議論する」と改憲に前向きだ。安全保障関連法は「憲法にのっとり適切に運用」と容認する。むしろ自民との共通点が際立つ。
 候補擁立では、民進党の代表代行だった枝野幸男元官房長官が結成した立憲民主の候補に対抗馬を立てる。非自民票が分散すれば与党を利することになる。
 一方で、公明の候補が立つ選挙区は擁立を見送った。自民の石破茂元幹事長や野田聖子総務相、石破派幹部の鴨下一郎元環境相の選挙区でも立てていない。
 「第2自民党」「自民の補完勢力」との指摘は、もっともな面がある。自公とどう向き合うか、明確に示さなくてはならない。
 
 
 <主張の違いを鮮明に>
 希望への合流を巡る混乱で出遅れた立憲民主は、巻き返しを図りながらの選挙戦だ。きのう発表した公約は、原発ゼロを一日も早く実現するための基本法策定や安保法制を前提とした憲法9条改悪に反対することを掲げている。
 「非自民」「非希望」の候補が乱立するのを避けるため、共産党が擁立を取り下げるなど選挙協力も進む。
 昨年の参院選は民進、共産、自由、社民の4党が32の改選1人区で候補者を一本化し、11選挙区で野党統一候補が勝利した。
 共倒れを回避する必要性は分かる。安倍政権下での改憲や安保法に反対する人たちにとって選択肢がはっきりする。とはいえ、政権選択の衆院選と参院選では事情が異なる。基本的な政策の違いをどう考えるのか。分かりやすく説明することが求められる。
 きょう東京で日本記者クラブ主催の党首討論会が開かれる。与野党のトップが顔をそろえる場である。主張はどう違い、どう重なるのか。有権者の判断材料となるやりとりを期待する。 (10月8日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。