Home > 社説 > 政党・宗教団体 > しんぶん赤旗 > 【しんぶん赤旗】 総選挙あす公示/「政党とは」鋭く問われる中で
E320-AKAHATA

【しんぶん赤旗】 総選挙あす公示/「政党とは」鋭く問われる中で

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 総選挙はあす公示されます。これまでの論戦や各党の政治姿勢から浮かぶのは、今度の選挙では公約・政策などとともに「政党とはなにか」が根本から問われていることです。党略的思惑で国会冒頭解散を強行した安倍晋三首相と与党、露骨な「排除」の姿勢の「希望の党」、従来の主張を曲げて「希望」に駆け込んだ議員たち—。国民不在の動きが横行する中、「筋を通す党」「ぶれない党」と日本共産党へ期待と注目が集まっています。安倍政権に代わる新しい政治、信頼される政治のため、市民と野党の共闘の勝利、共闘を揺るがず貫く日本共産党の躍進が必要です。
党略的打算に批判集まり
 首相は街頭演説でも党首討論でも、「少子高齢化」と「北朝鮮対応」という「国難」打開のための解散・総選挙だと繰り返しますが、多くの国民はそんな説明を信用していません。怒りの世論に追い詰められた「森友」「加計」疑惑隠しの大義なき解散という本質はごまかしようがありません。
 国民の批判が集中したのは、日本共産党など野党が憲法53条にもとづいて要求した臨時国会開催要求を3カ月も放置した揚げ句、所信表明演説も代表質問も一切行わないで国会召集日に解散を強行した安倍首相の異常極まるやり方そのものに対してです。疑惑を追及されるから国会質疑に応じたくない、野党の準備が整わないうちに選挙した方が有利だ、そんな党略的打算がみえみえです。政権維持のための保身にばかり動く首相の姿は、国政を担う与党としての自覚も責任も投げ捨てたものです。「愚直に政策を訴える」と言われても国民の不信は消えません。
 政治の「リセット」などを掲げて登場した「希望の党」はどうか。安保法制容認や9条含む改憲という「踏み絵」を、民進党出身議員に突き付け「選別・排除」の姿勢をあらわにしたことは、国民に強い違和感を抱かせました。政策についても、論戦が進めば進むほど自民党政治との違いは、いよいよ見えなくなっています。自民党「補完勢力」に、安倍暴走政治を終わらせる力がないのは明らかです。
 「希望の党」に合流した民進党前議員は、安保法制反対を市民とともにたたかってきた、かつての立場を百八十度転じたことについて有権者にどう説明するのか。党利党略・個利個略に走る政党・政治家に国民の願いは託せません。
 解散をめぐる情勢の大激変の中でも、日本共産党は、市民と野党の共闘の大義を掲げ共闘を断固追求する立場を貫き、新たな期待と信頼も寄せられています。共闘の原点と大義に立ち、日本共産党、立憲民主党、社民党の3党の協力・連携、市民との共闘を発展させ、安倍政権を終わらせるたたかいを広げていくことが重要です。
共闘を貫く党を大きく
 日本共産党は、国民の切実な要望にこたえた一致点で、思想・信条の違いを超えた共闘の力で政治を変えることをなにより大切にする政党です。前回総選挙で日本共産党が8議席から21議席へ躍進したことは、市民と野党の共闘を築く大きな力になりました。日本共産党は今度の総選挙で比例代表を軸に850万票・得票15%以上・全11ブロックでの議席増、小選挙区16必勝区の議席獲得をめざします。共闘勝利と共産党躍進で政治の未来をともにひらきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。