Home > 社説 > 外国紙 > 朝鮮日報(韓国) > 【朝鮮日報】 「核廃棄以外に対話の条件なし」という大原則
E335-CHOSUN

【朝鮮日報】 「核廃棄以外に対話の条件なし」という大原則

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 米国のトランプ大統領は8日に韓国の国会で演説し、北朝鮮に対し「米国と同盟国に対するいかなる脅迫や攻撃も許さない」「われわれを過小評価することも、試すこともするな」などと警告した。トランプ大統領は「われわれは歴史上最悪の残酷な出来事がこの地で繰り返されるようなことはしない。この地(大韓民国)はわれわれが命を懸けて守ってきたからだ」「米国は対立など望まないが逃げることもしない。私が韓半島(朝鮮半島)にやって来たのは、北朝鮮の独裁者に直接伝えるメッセージがあるからだ」などとも述べた。トランプ大統領は「北朝鮮の目標は核兵器の下に韓国を置くことだ」とした上で、これを「致命的な誤算」「間違った希望」などと批判し「(北朝鮮に)より良い未来に向けた道を提供する準備ができている」「(対話の)出発点は弾道ミサイル開発をやめ、完全かつ検証可能な総体的非核化だ」と訴えた。中国とロシアに対しても「北朝鮮との全ての貿易関係の断絶を求める」と呼び掛けた。
 トランプ政権の対北朝鮮政策は「外交面、経済面における最大限の圧力を通じた孤立」を基本としているが、必要であればいつでも軍事攻撃が可能な準備もしておくというものだ。この日の国会演説は北朝鮮の目と鼻の先で行われた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対する厳しい警告であると同時に、韓国国民との約束でもある。
 トランプ大統領は今回、韓国に事前通告せず独自の軍事作戦を行う可能性を否定した。また米国がある日突然北朝鮮と交渉し、核とミサイルの凍結や制裁の解除、さらには在韓米軍の削減や撤収に応じることへの懸念についても「総体的な非核化という条件がなければ、対話に応じる考えはない」として明確に否定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。