Home > 社説 > 地方紙 > 北陸地方 > 北國新聞(石川県) > 【北國新聞】 小松、富山の羽田便 「共存」を図る確かな一歩に
E165-HOKKOKU

【北國新聞】 小松、富山の羽田便 「共存」を図る確かな一歩に

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 今年度上半期の小松、富山両空港の羽田便利用者が、ともに前年度同期を上回った。日本航空と全日本空輸が運航する小松が合わせて3万1916人増、全日空のみの富山は5288人増となり、北陸新幹線の開業で苦戦を強いられてきた羽田便の需要に回復の兆しが見えている。
 両社の4~9月の輸送実績によると、小松発着の日航便は7・7%増の30万8357人、全日空便は4・6%増の22万3144人、富山発着の全日空便は2・9%増の19万817人となった。新幹線開業後も1日6往復を維持している小松の日航便が堅調なうえ、昨年3月に1日6往復から4往復に減便された両空港の全日空便の利用が持ち直したのは心強い。
 小松、富山両空港にとって羽田便は最重要路線であり、新幹線開業以降、石川、富山両県は路線を維持するため利用促進に努めてきた。利用者の減少に歯止めがかかり、回復基調に転じたことを、新幹線との「共存」を図っていく確かな一歩と位置づけたい。
 羽田便の利用が伸びたのは、ビジネス客の増加や割引運賃制度の浸透、隣県からの集客など、さまざまな要因があるだろう。確実に言えるのは、掘り起こせば需要は見込めるということである。回復基調を持続させるため、利用が伸び悩む冬季の需要開拓に全力を挙げる必要がある。
 小松の強みは日航、全日空を合わせて1日10往復という利便性の高さにある。とくに南加賀や福井県の利用者にとっては、新幹線より格段に使い勝手がいい。この強みを最大限に生かし、さらなる需要の掘り起こしにつなげたい。
 富山では、冬季対策として、外国人観光客を想定した長野県白馬村のスキー場と結ぶ「スノーライナー」や、世界遺産の五箇山合掌造り集落方面を周遊できる「1日フリーきっぷ」などのバス運行を企画している。
 新潟や仙台など新幹線が先行開業した空港で羽田便がなくなったことを思えば、小松、富山両空港は健闘していると言ってよいだろう。新幹線と羽田便の共存というビジネスモデルを、北陸の地で確立してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。