Home > 社説 > ブロック紙 > 西日本新聞 > 【西日本新聞】 再生エネとEV 次世代の「電力革命」にも
E060-NISHINIHON

【西日本新聞】 再生エネとEV 次世代の「電力革命」にも

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 外部電源から車載のバッテリーに充電した電気を使って、電動モーターを動力源として走行するのが電気自動車(EV)である。
 ガソリンや軽油を使わず、枯渇が危ぶまれる石油資源に頼らない車として期待されている。地球温暖化の元凶とされる二酸化炭素(CO2)や、人体に有害な窒素酸化物(NOX)なども排出しない。
 自動車業界で世界的にEV化の流れが加速している背景には、こうした要因がある。それだけではない。EVの普及は、エネルギーの在り方にも大きな影響を及ぼすことが考えられる。動力源となる電気を何からつくるかにより、エネルギー構造そのものを変えるかもしれないからだ。
 水力や太陽光、風力などの再生可能エネルギーを動力源にすれば、自動車の駆動によるCO2排出をゼロにできる可能性もある。
 とりわけエネルギーの大半を海外からの輸入に頼り、中でも石油に過度な依存をする日本にとっては問題解決の好機になり得る。
 純

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。