Home > 社説 > 政党・宗教団体 > 聖教新聞 > 【聖教新聞】  「人生100年時代」を生きる
E315-SEIKYO

【聖教新聞】  「人生100年時代」を生きる

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 あるエッセー本が話題となっている。著者は執筆当時、92歳だった作家の佐藤愛子氏。「もう『進歩』はこのへんでいい。更に文明を進歩させる必要はない。進歩が必要だと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。