Home > 社説 > 地方紙 > 近畿地方 > 京都新聞(京都府) > 【京都新聞】 ロ平昌参加禁止  フェアな五輪取り戻せ
E200-KYOTO

【京都新聞】 ロ平昌参加禁止  フェアな五輪取り戻せ

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 組織的なドーピング(薬物使用)問題を起こしたロシアに対して、国際オリンピック委員会(IOC)が、来年2月に開かれる平昌冬季五輪から、同国の選手団を除外すると決めた。前代未聞の厳しい処分である。
 ロシアは、2014年のソチ五輪で、国別でトップとなる33個のメダルを獲得したが、IOCの調査で25人の違反者を出した。剥奪されたメダルは金4、銀6、銅1に及ぶ。組織的な不正であることは明らかだとされた。今回の除外処分は、当然だろう。
 とはいえ、この問題に対してIOCが、当初から毅然(きぜん)とした態度で臨んだわけではない。
 世界反ドーピング機関(WADA)は早くから、ロシアによる組織的な薬物投与や検体すり替えなどの不正があったと認定していたが、昨夏のリオデジャネイロ五輪でIOCは、ロシア選手参加の可否について、各国際競技団体の判断に委ねた。その結果、大勢のロシア選手が出場し、「弱腰」との批判を招いた。
 平昌五輪前のこの時期に処分を決定するのは、遅きに失したとも指摘されている。
 処分の内容を見ても、寛大なところがある。組織的な不正としながら、ロシアの国家的関与については明確にしなかった。平昌への選手団派遣を禁じる一方で、潔白の証明された選手が個人資格で参加する道は残した。
 ロシアは、フィギュアスケートなどの人気競技で、有力選手を多く抱えている。全面的にボイコットをすれば、五輪運営に大きな影響を及ぼす。
 これを避けたいという思いが、IOCにあったとみられる。ロシアのプーチン大統領が個人参加を容認し、胸をなでおろしているのではないか。
 しかし大事なのは、薬物汚染を繰り返さないことである。
 個人参加を可能にするにしても、潔白を証明する検査、手続きについては、透明で公正なものにしてほしい。今回の問題は、20年の東京五輪にも影響する。日本は、ドーピング対策の法整備を速やかに進めるべきだ。
 ソチ五輪は、ロシアの威信をかけた一大イベントだった。不正の背景には、国威発揚への思惑もあったはずだ。だが、薬物の助けを借りた勝利や記録に意味はなく、競技の成立を妨げるだけである。今回の処分を、クリーンでフェアな五輪の精神を取り戻す契機にしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。