Home > 社説 > 地方紙 > 近畿地方 > 滋賀報知新聞(滋賀県) > 【滋賀報知新聞】 年頭に誓う「メイド・イン・ジャパン」
E195-SHIGA

【滋賀報知新聞】 年頭に誓う「メイド・イン・ジャパン」

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 何もなかった敗戦国日本はいまや遠い昔話なのだろうか、戦後の焼け野原の光景の語り部もいなくなったのであろうか。
 国内総生産(GDP)は中国に追い抜かれたが、世界第3位の経済力を持つ国に蘇っている。
 その原動力は日本の底力を信じて技術を磨き続けてきた企業の努力の賜物といえるが、過去には「日本製は米国製の猿真似だ」といわれたこともあった。
 日本国民は魂をこめて工夫を凝らし改良を加えて米国製を追い抜き、国民から「舶来品は素晴らしい」と言う言葉を消し去り、「メイド・イン・ジャパン」は世界から大きな評価を得ている。
 しかし、一部企業のおろかな行為により日本国民の血と汗の結晶である「メイド・イン・ジャパン」が崩れようとしており、日本の信頼が全てにおいて崩れ去る危機感がある。
 今こそ、全ての企業、全ての国民が襟を正して先人が築き上げてきた日本の信頼を取り戻せば、本来の歴史ある日本の姿が蘇りその姿を後世に伝えることが出来る。
 全国民の故郷である日本、我が家のような日本、その日本の歴史を守っていく為に、滋賀報知新聞は政府、企業、国民などに対して如何なる状況でも警鐘を鳴らす責務を負っている。
 滋賀報知新聞は湖国唯一の地方紙として民意を十分反映し、真の国家づくりが継続し続けるように検証していくことを誓う。 一、我等は常に、真実と公正に生き、自由と正義を貫く。 一、我等は常に、正しい世論を啓発喚起する。 一、我等は常に、社会の善を助長し、悪を粉砕する。 一、我等は常に、文化にさきがけ、郷土を愛する。 一、我等は常に、主権在民の成果を力の限り希求する。
 以上、「滋賀報知信条」の五箇条を常に胸に携え地方を活性化するために、正義をもって真実を報道する事を滋賀報知新聞社と系列各社は全県民に全国民に誓う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。