Home > 社説 > 外国紙 > 中央日報(韓国) > 【中央日報】 核脅威と平和、両極端のメッセージを出した金正恩の新年の辞
E340-CHUO

【中央日報】 核脅威と平和、両極端のメッセージを出した金正恩の新年の辞

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

  金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が新年初日、両極端の新年の辞を出した。韓国には平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)への参加とこれに向けた対話の必要性を力説する「オリーブの枝(和解のジェスチャー)」が差し出されたが、米国には米本土全域が北朝鮮の核打撃射程圏内にあるという脅迫を止めていないわけだ。韓米同盟をまるで和戦両面の戦術で揺さぶりをかけようとする狙いに見られる。
  金委員長は先に米国に攻勢をかけた。「核武力完成の歴史的大業を達成」し、「米国の冒険的な火遊びを制圧する強力な抑制力」を持つようになったとし「核のボタンが私の机上に常に置かれているということ、これは決して脅威でない現実であることをきちんと分かるべきだ」と脅威した。
  一方、韓国には「今は北と南が向かい合って関係改善を真剣に議論する時」とし、「冬季五輪に北朝鮮の代表団派遣など必要な措置を取る用意があり、このために南北当局が至急会うことも可能だ」という融和的なメッセージを伝えた。しかし、条件を付けた。韓国が「外勢との核戦争演習を止めて米国の核装備を引き込む行為を片付けなければならない」と話した。これは韓米合同軍事演習の中断と米国戦略資産の韓半島(朝鮮半島)での展開中止を求めたものと解説される。
  金委員長の両極端的な新年の辞に国際社会の反応も分かれている。中国メディアが北朝鮮の平和メッセージに注目した一方、米国メディアは「核のボタン」など米国に対する脅威に目を向けた。カギは韓国だ。まるで核危機の雪解けの可能性を見つけたかのように行き過ぎた期待は禁物だ。冷徹に金委員長の提案に対応しなければならない。
  我々もツートラック戦略が必要な時点だ。まず、金委員長の対話提案は肯定的に評価し、平昌五輪が平和五輪になることができるように後続措置の用意に出る必要がある。北朝鮮は昨年7月、韓国政府の軍事当局者会談の提案などに一切応じなかったし、韓国の民間団体の訪朝も制限していた。もう金委員長が肉声で直接代表団派遣を云々しているだけに、必要ならば南北閣僚級会談の開催など一連の措置で行き詰まっている南北関係に突破口を見出す必要がある。
  しかし、この過程で我々が北朝鮮に一貫して明らかに伝えるべきことは「核と平和は両立できない」というメッセージだ。北朝鮮は核と経済の同時発展を試みる並進路線を追求しているが、これは迷夢に過ぎないという点を力説しなければならない。中国もここへ来て「韓半島の非核化なしには韓半島の安定と平和はない」と話している状況だ。
  韓国も北朝鮮との対話を準備する努力に劣らず、米国との連携を強化する措置を取らなければならない。今まで北朝鮮は韓国を外して米国と対話しようとする「通米封南」の戦術を使ってきたが、今度は米国を抜いて韓国と会う「通南封米」の戦術に転じた姿を見せている。一部では北朝鮮が韓米同盟の亀裂をたくらんでいるという分析も出ている。韓国は米国との緊密な連携に基づき、北朝鮮との対話に臨まなければならないだろう。
  確かに金委員長の新年の辞は新しいものだ。楽観も悲観も禁物だ。ひたすら冷徹な現実認識に基づいて北朝鮮に対応する必要がある。せっかく作られた対話の雰囲気が壊れるか恐れて北朝鮮の無理な要求まで受け入れてはならない。北朝鮮は南北関係の改善を輪に制裁の緩和を呼びかけてくるかもしれない。しかし、これは北核解決に関連して明らかな進展がある時に限って可能なことだ。北朝鮮に対する制裁と圧力は国際社会との連携の枠組みの中で明らかに維持することが求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。