Home > 社説 > ブロック紙 > 河北新報 > 【河北新報】 南北対話機運/日米と共に真意見極めを
E050-KAHOKU

【河北新報】 南北対話機運/日米と共に真意見極めを

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 どういう形にしろ、その実現と成否が、ことしの朝鮮半島情勢を大きく左右することになりかねない。年明け早々、韓国と北朝鮮で機運が高まる南北対話のことである。
 事の発端は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が1日に発表した施政方針「新年の辞」で、2月の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪に代表団を派遣する用意があると表明したことだ。
 韓国はこれを「歓迎」(文在寅(ムンジェイン)大統領)し「高官級会談」を9日に開催することを提案した。北朝鮮は随時連絡できるよう2年ぶりに南北直通電話回線を再開。話し合いに向けた環境が整いつつある。
 もっとも、韓国政府による五輪参加呼び掛けに、これまで一切応じてこなかった北朝鮮の、にわかの方向転換である。「なぜなのか」。当然、疑問を持たざるを得ない。
 相互の連絡・協議を通じて、韓国は北朝鮮の真意と交渉姿勢を見極める必要がある。むろん米国、日本と連携を密にしながら、だ。南北の関係改善のみならず、核・ミサイル問題の解決が並行して進められるべきであることは言うまでもない。
 方向転換したのは、北朝鮮に対する国際包囲網の制裁や圧力が大きな効果を上げているからだとの指摘がある。
 そうであれば、北のこの一挙は、半島の緊張緩和に向けた第一歩と言え、核・ミサイル政策の転換を含め、非核化交渉へと進む展開も予想される。そう期待はしたい。
 だが、この国の対外政策には権謀術数が付きまとう。
 「新年の辞」は韓国に対しては、北朝鮮の参加を実現し「平和五輪」をアピールしたい文政権の思惑をくみ取り対話再開へ秋波を送る一方、米国に対しては徹底抗戦の構えをより強めた。金氏は「核のボタン」を握っていると語り、米国をいつでも核ミサイルで攻撃できると脅した。
 五輪参加というカードを使い米韓の結束を揺さぶり、国際包囲網にくさびを打ち込む。そんなしたたかな外交戦術がうかがえる。一筋縄ではいかないのがこの国である。
 今後、南北の協議・会談がどういう形で進むのかについても、全く予断は許さない。
 韓国が提案した高官級会談は広範囲の議題を想定する。五輪参加問題をはじめ、離散家族再会を含む関係改善策、そして核・ミサイル問題での米国との交渉を促すことも念頭に置いているとされる。
 だが北朝鮮が求めるのは、五輪参加問題だけに限った話し合いのようだ。双方の思惑が擦れ違えば、会談が開かれないことだってあり得よう。
 米国は北朝鮮に対する根深い不信から、対話を巡る「誠意」について懐疑的だ。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に近く踏み切るとも伝えられる中、会談に向け次にどんなアクションを起こすか。
 そのことが、北朝鮮の対話姿勢の本気度を占う試金石の一つになるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。