Home > 社説 > 地方紙 > 近畿地方 > 京都新聞(京都府) > 【京都新聞】 阪大の入試ミス  救済遅らせた思い込み
E200-KYOTO

【京都新聞】 阪大の入試ミス  救済遅らせた思い込み

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 なぜ、もっと早く誤りを正せなかったのか。悔やまれる事態である。
 大阪大学が昨年2月に実施した入試の物理科目で出題と採点にミスがあり、誤って30人を不合格にしていたことが分かった。
 阪大は30人を追加合格として本人に通知した。30人のうち9人は阪大の第2志望の学科に入学しており、希望すれば第1志望だった学科への移籍を認める。別の大学に進学した学生や、浪人している受験生に対しては必要な補償を行うという。
 本来なら阪大で学ぶことができた貴重な1年間について、大学当局は最大限の配慮をしてほしい。他大学への進学や浪人のための費用の補償、慰謝料も必要ではないか。
 その上で重要なのは、ミスが明らかになるのに1年近くもかかった経緯を検証し、再発防止を図ることだ。検証結果は公表し、他大学も教訓にしてほしい。
 ミスがあった問題は2問あり、1問は正答が三つあったが、阪大は一つのみを正答とした。この問題の正答を前提にもう一つの1問が作成されており、別の二つの回答では問題が成立しなくなった。
 今回のミスが明らかになるまでに、外部から6月と8月に指摘があった。阪大はいずれも認めず、12月にあった別の指摘でようやく間違いを認めた。この間の経緯は子細に検討する必要がある。
 最初の2回の指摘に対しては、阪大は問題作成の責任者と副責任者の教授2人で検討し、学内で共有されていなかった。
 6月か8月にミスを認めていれば、9月入学ができたという指摘もある。
 阪大は記者会見で「問題作成者に思い込みがあったと言われても仕方がない」と述べた。
 ミスを完全に防ぐことはできないとしても、早期に気づき救済する態勢がなかった。残念というほかない。
 合否判定に影響する出題ミスは過去に京都の大学でも起きている。龍谷大は2008年に91人の追加合格を出した。
 入試問題は試験直後から公開される。出題内容や正誤の判定に対する外部の指摘と大学の対応については、各大学が抱え込まず、ネットなどで公開する必要があるのではないか。
 今月13日から大学入試センター試験が始まる。各大学は受験生に動揺が走らないよう態勢を整えてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。