Home > 社説 > 全国紙 > 毎日新聞 > 【毎日新聞】 南北対話2年ぶり始まる 危機打開に資する戦略を
E020-MAINICHI

【毎日新聞】 南北対話2年ぶり始まる 危機打開に資する戦略を

そう思わないそう思う (-1 点, 1 投票)
Loading...

 韓国と北朝鮮による閣僚級の会談がきのう板門店で始まった。2年ぶりの南北対話である。
 北朝鮮は、来月開かれる平昌冬季五輪に参加すると表明した。選手だけでなく応援団や高官級を含む大規模な代表団を派遣するという。
 五輪参加に伴う実務的な調整が必要になる。開幕までの1カ月間に、さまざまな協議が行われていくことになりそうだ。
 北朝鮮による平和の祭典への正式な参加表明は評価できる。少なくとも大会期間中は軍事的な挑発を行わないだろうと考えられるからだ。
 今回の動きは、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が新年演説で五輪参加に前向きな姿勢を示したことで始まった。背景には、核・ミサイル開発によって深まる国際的孤立の中で突破口を探ろうとする思惑があろう。
 一方で韓国の文在寅(ムンジェイン)政権には、停滞が続いていた南北関係を打開したいという期待がある。
 韓国は会談で、五輪期間中にある旧正月に合わせて南北離散家族の再会事業を実施するよう提案した。赤十字会談や軍事当局会談の開催も北朝鮮に求めた。
 ただ、南北対話は一筋縄ではいかないものだ。文大統領は核・ミサイル問題での危機打開にもつなげたいと意欲を見せるが、成果を焦れば北朝鮮の術中にはまりかねない。
 現在の北朝鮮情勢は南北対話で打開策を見いだせるほど単純なものではない。そうした自覚が必要だ。
 北朝鮮は民族和解を訴えつつ、米国との合同軍事演習の中止を韓国に迫ってきた。今後の南北対話でも同様の主張をしてくるかもしれないが、五輪と軍事演習を取引材料にするようなことがあってはならない。
 北朝鮮の最終的な狙いは核問題をめぐる米国との交渉だ。
 トランプ米大統領は南北対話を歓迎し、金委員長と自ら対話する可能性まで口にした。政権の一致した見解か疑問は残るものの、北朝鮮としては気になる発言であろう。
 そうであるならば、米韓の連携強化は南北対話における韓国の交渉力を高めるということになる。文政権には日米と緊密に連携し、北朝鮮が対話に出てきた今回の局面を危機打開につなぐ戦略を作ることが求められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。