Home > 社説 > 地方紙 > 北陸地方 > 富山新聞(富山県) > 【富山新聞】 南北閣僚級会談 民族和解は非核化の下で
E160-TOYAMA

【富山新聞】 南北閣僚級会談 民族和解は非核化の下で

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 韓国と北朝鮮が閣僚級会談で採択した共同報道文には、「民族の和解・団結」という両国民の心情をくすぐる文言が並んだ。北朝鮮の平昌冬季五輪参加は国際的に歓迎されることで、文在寅韓国大統領のいう通り、朝鮮半島の「平和への転機」となればよいが、そうした期待感よりも北朝鮮の調略に対する不安や疑念の方が先立つ。
 会談に臨んだ北朝鮮の首席代表は「核兵器は米国を狙ったもの」といって、核・ミサイル開発の継続を宣言し、南北会談で取り上げることに強く反対した。これに対して文氏が年頭記者会見で「北朝鮮の非核化で譲歩しない」と述べたのは当然である。南北の民族融和・統一は、朝鮮半島の非核化が実現してこそ可能なことをあらためて銘記してほしい。
 閣僚級の南北会談に応じ、韓国側の予想を超える規模の五輪選手団派遣を約束した北朝鮮の対応には、文政権を取り込んで国際社会の制裁網に何とか風穴を開けたいという焦りがうかがえる。
 共同報道文には、北朝鮮代表団の平昌五輪派遣に「韓国が必要な便宜を保証する」と明記され、過去に発表された南北宣言を尊重することもうたわれた。五輪参加を強く望んだ文政権に「満額回答」を示すことで貸しをつくり、将来の南北経済協力再開へ布石を打った形でもある。
 文政権にとって当面の課題は、北朝鮮の五輪参加にどのような便宜を図るかである。韓国内には、北朝鮮に対する独自制裁の一時解除論も出ているようだが、南北融和ムードに流され、国連の経済制裁措置から逸脱する甘い対応を取ってはなるまい。
 文氏は、北朝鮮の核・ミサイル問題で米国や中国、日本などと協調する姿勢を示し、北朝鮮に過度に傾斜する懸念を打ち消した。しかし、慰安婦問題の新方針は日米韓の連携に水を差すものである。南北会談実現で文政権は脚光を浴びているが、対話外交を朝鮮半島の非核化につなげていくには、国際社会と連携した圧力がなお必要なことを再認識し、拙速に走らぬようにしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。