Home > 社説 > 全国紙 > 読売新聞 > 【読売新聞】 カヌー薬物混入 道徳心を欠く愚行にあきれる
E010-YOMIURI

【読売新聞】 カヌー薬物混入 道徳心を欠く愚行にあきれる

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 ライバルを追い落とそうと、濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せる。許されない行為だ。
 昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で、鈴木康大選手が、小松正治選手の飲料に禁止薬物を混入させていた。
 1位だった小松選手は、レース後のドーピング検査で陽性反応を示した。成績は取り消され、暫定的に資格停止処分となった。
 鈴木選手は、筋肉増強効果のあるステロイドの錠剤をインターネットで購入した。粉末に砕いた上で、複数のボトルの中から小松選手のものに入れたとされる。
 相手を陥れよう、との明確な意図が表れている。
 鈴木選手は32歳、小松選手は25歳だ。2020年東京五輪の代表入りを争う好敵手であり、友人同士だった。小松選手がドーピング違反に問われれば、自分が五輪代表になる可能性が高まる。鈴木選手は、そう思ったという。
 「若手が台頭してきて、競技会で勝てなくなってきた」とも語っている。五輪出場が危うい、との焦りが愚行に駆り立てたのだろう。不正な手段で日本代表になっても、代表の座を汚すだけだ。
 国内では前例のない不祥事だ。鈴木選手が名乗り出なければ、潔白である小松選手が選手生命を絶たれかねなかった。
 鈴木選手は、他の選手のパドルを盗むといった違法行為も繰り返していた。フェアプレー精神を持ち合わせていないだけでなく、道徳心や社会常識を欠いている。
 スポーツの世界に身を置く資格がないのは明らかである。日本アンチ・ドーピング機構は、鈴木選手に資格停止8年の処分を科した。日本カヌー連盟は、鈴木選手の除名を理事会と総会に提案する。当然の対応である。
 カヌー連盟の監督責任も免れまい。一昨年のリオデジャネイロ五輪で、初めてメダルを獲得し、注目が高まった日本のカヌー界の信用は、一気に失墜した。
 東京五輪に向けて、ドーピング対策を重視するスポーツ庁にとっても、想定外の事態だろう。
 日本選手はフェアでクリーンだとのイメージが、国際的に定着している。東京五輪を前に信頼を損なわないよう、各競技団体は選手の綱紀粛正に力を注ぐべきだ。
 危機管理として、飲料の保管方法にも気を配る必要がある。
 スポーツに取り組む子供たちに、指導者がフェアプレーの重要性を説くことは大切だが、それ以前に、人としてのモラルをきちんと教えなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。