Home > 社説 > ブロック紙 > 中国新聞 > 【中国新聞】 大阪大の入試ミス 疑い出たら早く対応を
E055-CHUGOKUNP

【中国新聞】 大阪大の入試ミス 疑い出たら早く対応を

そう思わないそう思う (まだ投票していません)
Loading...

 大学入試センター試験がきょう始まり、本格的な受験シーズンに入る。大阪大が昨年実施した入試のミスが発覚し、受験生たちの間に不信感が広がっている。国公立2次の一般試験や私立大入試も控える中、各大学には万全の体制を求めたい。
 阪大が昨年2月に行った一般試験の物理科目で出題と採点にミスがあり、医、理、工など6学部に本来合格していたはずの計30人が不合格とされていた。
 3度にわたり外部から指摘を受けていた阪大は年明けの先日ようやく落ち度を認めた。約1年遅れで「サクラサク」と告げられても、やるせなさや腹立たしさは消えまい。対象者がこれ以上の不利益をこうむらないようにすることが不可欠だ。
 第2志望の学科に進んでいた学内の9人に、本命だった学科への転籍を認めたのは当然だ。浪人生や他大学への進学者にも十分なケアが要る。予備校の授業料などを補償、学長らはきのう報酬の一部返納を決めた。ただ、これで済む話ではない。
 問題作成の経緯や公表が遅れた理由などを徹底検証し、再発防止に生かさねばならない。
 ミスは音波に関する問題で、三つの答えが考え得るのに阪大は一つだけを正解としていた。この答えを基に数値を求める次の設問も成立しなくなった。
 試験問題は理系の教授ら約10人の専門チームが作り、当日も全員で解いてみた。なのにミスを見抜けなかったのはなぜか。「問題作成者に思い込みがあった」と大学当局は会見で謝罪した。言い換えれば、大学教授の自分たちが間違えるはずがないという過信や慢心ではないか。
 最初に疑問が寄せられたのは、阪大の解答公表から2カ月後の昨年6月だった。高校教諭や予備校講師との会合でミスを指摘されながら、大学側は「間違っていない」と突っぱねた。
 8月にも外部からメールで指摘されたが、まともに取り合わない。問題作成の正副責任者の2教授でことを収め、情報を学内で共有していなかったのも、対応が遅れた要因といえよう。
 文部科学省も告発メールなどで事態を知るところとなり、阪大は12月になって重い腰を上げた。監督官庁が口を挟まなければ、うやむやにしようとしていたのではないか。そう勘繰られても仕方あるまい。もっと早く対応し、9月入学など早期の救済に乗り出すべきだった。
 大学入試のミスは後を絶たない。2001年、山形大工学部で国語の配点ミスが成績開示を求めた受験生の指摘で明らかになり、さかのぼって調べると5年間で400人超が誤って不合格になっていた。広島大理学部でも昨年、説明不十分な設問があり、全員を正解とした。
 ミスは起こるとの前提に立ち万一の際は速やかに公開して厳正に対処する—。そうした姿勢が「最高学府」の大学には求められる。阪大は今後、問題作成チーム以外の教員もチェックし、入試後は予備校の解答速報などを基に再確認して外部指摘に対応する検証委員会も置く。他大学も参考にしてほしい。
 国は20年度にはセンター試験に代わる大学入学共通テストを実施する。表現力や思考力を重視する狙いで、記述式の問題を導入する。問題作成や採点はより難しくなるだろう。阪大のミスを教訓にしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。