Home > 社説 > 外国紙 > 朝鮮日報(韓国) > 【朝鮮日報】 最優先は平昌五輪の成功、その主人公は大韓民国
E335-CHOSUN

【朝鮮日報】 最優先は平昌五輪の成功、その主人公は大韓民国

1 点2 点3 点4 点5 点 (まだ投票していません)
Loading...

 平昌冬季オリンピックの開会式が今日行われ、17日間の日程がスタートする。これまで特に見るべきものもなかった江原道の深い山の中が、今日から先進各国の集う冬の祭典の場となる。いまだに信じられない奇跡だ。今や平昌は世界史に残る大韓民国復興の一つのシンボルになった。平昌オリンピックには冬季大会史上最多の92カ国から2925人の選手たちが集まる。オリンピックは地球村全体の祭典だ。世界の若者たちが国の名誉を懸けて自らの技能を競う。氷や雪など見たこともないような赤道直下の国々の選手たちもチャレンジする。世界中がテレビを通じて選手たちの一挙手一投足に熱狂するだろう。
 平昌冬季オリンピックは3回のチャレンジの末誘致に成功した。このように多くの困難を乗り越えて開催にこぎ着けたオリンピックが運営上のノウハウ不足などで汚点を残すものとなってはならない。今も現場ではオリンピック開催の準備に取り組んでいる作業員など120人以上がノロウイルスに感染していることが分かった。組織委員会や韓国政府、地方自治体などは一刻も早く感染経路を解明し、被害の拡大阻止に全力を傾けなければならない。平昌現地周辺は交通や通信、電気、水道などのインフラが完全に整っているとは到底言えない地域だ。大会進行に当たりわずかでも支障の兆しが見えれば、直ちに必要な対応が取れるよう関係機関や行政の職員は一瞬たりとも緊張を緩めてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。