Home > 社説 > 外国紙 > 朝鮮日報(韓国) > 【朝鮮日報】 同床異夢の南北と米国、韓半島はどこに向かうのか
E335-CHOSUN

【朝鮮日報】 同床異夢の南北と米国、韓半島はどこに向かうのか

1 点2 点3 点4 点5 点 (まだ投票していません)
Loading...

 平昌冬季オリンピックの開会式に出席するため来韓中のペンス米副大統領は9日、開会式前に行われたレセプションに遅れて到着し、5分ほどで退席した。「北朝鮮代表団と同じテーブルには座れない」とする強い意志の表明と受け取られている。米国は当初、ペンス副大統領が北朝鮮代表団と鉢合わせしないよう韓国側に配慮を求めていた。ところが韓国政府はペンス副大統領と北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、日本の安倍首相、中国共産党の韓正・政治局常務委員らを同じヘッドテーブルに配席し、これをメディアに公表していた。ペンス副大統領の座席は金永南氏と向かい合う位置だった。
 ペンス副大統領はこの状況を受け入れられなかったようだ。北朝鮮のオリンピック参加は核開発放棄のためではなく、核開発を一層進展させる真逆の戦略を進めるためであり、そのために韓国政府を利用しているのは事実だ。韓国政府は北朝鮮がそのような意図を持っていたとしても「とにかく対話を続ければ北朝鮮の態度が変わるのでは」と期待している。しかし米国は淡い期待など全く抱いておらず、逆にそのような対応は北朝鮮に利用されるだけと考えている。そのためペンス副大統領は、金永南氏と向かい合って座り北朝鮮に利用されるように見られることをあえて避けたようだ。
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領はレセプションのヘッドテーブルにペンス副大統領と金永南氏を同時に座らせることを前提に、挨拶の中で「我々が共にいるという事実そのものが、世界平和に向けてさらに一歩進む重要なスタートになるだろう」と述べた。もちろんそうなれば結構なことこの上ないが、その席に座っている北朝鮮は核を守ろうとしか考えておらず、米国はそれを容認しないとする原則しか持ち合わせていない。北朝鮮が非核化に同意せず、交渉のテーブルにも出てこない状態が続く限り、たとえ口だけで「平和」を叫んでも単なるごまかしにしかならない。それが韓半島(朝鮮半島)の現実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。