Home > 社説 > 全国紙 > 読売新聞 > 【読売新聞】 米ペンス氏発言 対話の環境を整えられるのか
E010-YOMIURI

【読売新聞】 米ペンス氏発言 対話の環境を整えられるのか

1 点2 点3 点4 点5 点 (まだ投票していません)
Loading...

 北朝鮮に核・ミサイル開発放棄の意思がなければ、対話を行っても、戦力増強の時間稼ぎに使われるだけだ。トランプ米政権には、情勢の慎重な見極めが求められる。
 ペンス米副大統領が米紙に対し、北朝鮮への「最大限の圧力を継続する」と強調する一方、「対話を望むのであれば、米国は対話する」と語った。前提条件を明示せずに、北朝鮮との直接協議に前向きな姿勢を表明した。
 平昌五輪で、韓国の文在寅大統領と会談した際に、韓国がまず北朝鮮と対話し、米国がその後に続く方向で合意したという。
 1994年の米朝枠組み合意以来、北朝鮮との対話や合意は経済支援などの見返りを与えただけで、問題解決につながらなかった。トランプ政権はこの認識から、北朝鮮の政策変更を対話の条件とする基本的立場を取ってきた。
 ペンス氏は、文氏から「見返りは非核化の具体的措置に対してのみ与える、と北朝鮮側に伝える」との言質を取ったとして、「過去20年とは異なる」と強調した。
 安易に対話を始めることは、北朝鮮に誤ったメッセージを送るのではないか。
 トランプ大統領の北朝鮮に対する立場が定まっていないように見えることも気がかりだ。
 「北朝鮮と交渉しようとするのは時間の無駄だ」という強硬発言から、「適切な時期と条件下で対話する用意がある」といった柔軟姿勢まで、ぶれが目立つ。
 北朝鮮は五輪を利用した「微笑外交」を展開しているが、脅威が軽減したわけではない。米政府は新たな制裁を科す方針で、北朝鮮が反発して、核実験や弾道ミサイル発射を再開する懸念がある。
 朝鮮労働党の金正恩委員長は、妹の与正氏の訪韓の成果に「満足」の意を示し、南北関係の更なる改善を指示した。文氏の早期訪朝と南北首脳会談の実現に向けて、攻勢を強めるのは間違いない。
 米韓合同軍事演習についても、韓国に中止を求めるだろう。
 不安なのは、文氏が北朝鮮に核・ミサイル開発放棄を迫らず、南北関係進展のために、米朝双方に対話を促していることだ。
 安倍首相は衆院予算委員会で、北朝鮮の非核化に向けて圧力を最大限まで高めていく方針に変わりないことを、米国側に確認したと強調した。「北朝鮮の側から対話を求めてくる状況を作らねばならない」とも指摘した。
 今後も日米韓で政策を共有し、連携を維持することが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。